~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。 好きな服や雑貨は毎日の暮らしを豊かに彩ってくれますよね? ファッションデザイナーとして長く働いた経験から役立つ知識もお届けします。

60代からの女性の服装

60代からの女性の服【きれいに見えるコツは?】

仕事を辞めたあとの60代からの暮らしはファッションも変化しますね?

会社員時代とは違って自分らしくこぎれいに暮らしたいと思いませんか?

例えば、ジャケッットひとつ見ても、かっちりしたテーラードジャケットではちょっと窮屈、少しゆるさがほしいのです。

自分らしさやきちんと感も残しつつ…着心地もいい、そんなことを考えてみましょうか?

 

60代からのおしゃれは?地味と派手の適在適所を知って!

カーディガンやジャケット下のセーターなどに派手色は映える。

パンツやスカートなどボトムに派手色はNG。

コートやOPなど大きな面積で派手色もNG.

60代からのおしゃれ。派手柄も地味柄も…おすすめしません!

60代以上の人たちの装いを見ると、柄ものはたいてい失敗していますね?

それって80歳になっても地味過ぎでは?シミが強調されていない?と思うことが多いです。

柄の場合、コントラストの派手な柄も、地味な色同士の配色も肌がきたなく見えます。

60代ともなれば肌の透明感がなくシミも増えます。

すると、地味な柄物やコントラストの大きな柄の服を着ると、肌はますますシミが増えたように見えるのです。

柄そのものがきれいか?どうかではなく、その柄を顔周りに置いたら自分自身が明るくすっきり見えるか?なんですね。

そうすると柄はないか、無地のように見える配色の柄の方が顔がきれいに見えますよ。

60代からも無地なら派手な色もおすすめ!

無地の場合は顔映りがよく明るくすっきり見える色がいいです。

柄の場合は少し離れてみると無地に見えるような配色がお顔がきれいに見えます。

無地よりはニュアンスがあって、また別のいい感じになるんですね。

単独できれいな赤やオレンジ赤は60代からも80代でも似合います。

シックな深いグリーン、黒、グレー、ネイビーなどに赤いカーディガンをアクセントにしたり。

でも派手な色をパンツやスカートなどボトムには似合いません。

 

60代のアクセサリーで効果抜群なのは?ブローチとスカーフ

人生の厚みにふさわしい質と肌の衰えを補う力がアクセサリーには必要です。

おすすめはスカーフとブローチです。

 

ブローチは存在感がある方が映える

ブローチはおすすめ!
60才も過ぎればメイクは薄くナチュラルな方がきれいです。

肌にじかにネックレスなどは、夏も冬もない方が心地よいと思うんですね?

でも、何もないのも締まらないので、単純なデザインで素材感のあるブローチが華やかさを添えてくれます。

パールやゴールドで今風のものは、本物でなくても素敵なデザインがあります。

普通のブローチよりは高く、宝石よりは安い、森暁雄 さんのブローチはとても素敵です。

越路吹雪さんや黒柳徹子さんも森暁雄さんのブローチのファンだそうです。

また、もっと高齢になったら手作りのブローチも似合いやすいです。

 

小さめのスカーフは、顔に華やぎを与えてくれる!

スカーフは顔映りのいいものがおすすめ!

60代からはシンプルな質のいい服にアクセサリーでポイントをつくる、着こなしが重宝します。

何もないシンプルな無地の服だけでは寂しいですから。

高齢になるとイヤリングやじゃらじゃらつけたネックレスも違和感があります。

スカーフや肌触りもいいシルクがおすすめ!

日焼け防止や防寒対策にもなって、アクセサリー代わりにもなるし似合う色柄のスカーフは何枚あってもいいですね?

小さめのスカーフは、淡いピンク系ややわらかいオレンジ系、ラベンダー系などのぼかしなどはどなたにも似合います。

大きなストールは、カーディガンやジャケットの代わりに重宝します。

形がないのでどんな形の服にも合わせられるのが便利なのです。

無地のワンピースやカットソー、セーターなどにもスカーフは合いますね。

 

帽子はヘアスタイルの一部になるようなものがいい

髪も薄くなったり白髪が増えてくるので、そこをカバーするような、ヘアスタイルの一部になるような帽子があるといいですね?

帽子はない方が体感的にはここちいいので、小さく軽いものが楽ですね。

ベレー帽やつばの小さいものは冬用には防寒対策にもなります。

よい帽子屋さんがあれば、帽子こそオーダーがおすすめです。

 

テレビの同年齢か近いタレントさんや女優さんは参考になる

テレビに出る人は、スタイリストがついていたり、本人がこだわっていたりするので、流行をじょうずに取り入れていて参考になります。

あなたに似たタイプのあこがれの女優さんは参考にしやすいです。

テレビで年配の女優さんのおしゃれや着こなしで気になる、ん?と思うこともあります。

赤い口紅
胸の谷間が見える広すぎる衿ぐり
透けすぎるレースのOP
人形のような短いオカッパヘア

若い頃していたようなのカーリーヘアやソバージュのパーマは、普通にしたらただのおばさんになってしまうことへの抵抗なのでしょうか?

しかし、カーリーやソバージュは時代を表し過ぎて今には違和感があります。

わたしが思うのは、上手なカット、パーマをかけるならクセ付けしやすい程度の緩いパーマがいいと思います。

または、ひっつめて首の近くでまとめるヘアスタイル。

京都のおばんざいを教える、大原千鶴さんやアナウンサーの高島彩さんのようなひっつめスタイルです。

ひっつめてまとめるのは、普段にもお出かけにも合うし着物にも合います。

風が吹いても気になりません。

 

 

ブランドではなく自分らしさを基軸にどこからでも探せる

仕事もやめていたりすると、ファッション雑誌見ながら洋服選びする人はあまりいないと思うんですね?

自分もわかって好みも決まってくると、どこからでもあれば買えるし合わせられると思います。

通販雑誌でも、オンラインショップでも。

オンラインショップは、ナチュラル系の場合、暮らし全般を扱いおしゃれな通販サイトが増えていますね?

通販は試着できないのですが、何度も見ているとわかりやすくなってきますよ。

もう枚数は増やしたくはないのでていねいに見て、

ほんとうに必要か?
買ったらすぐ着る?

と、考えて買うと失敗しません。

買っておくものは要らない、すぐ着る物しか買わない、と決めておかないと増えすぎます。

通販も見慣れることで、今はここに好きなものが多いとか選びやすいとか決まってくると楽です。

創刊号は結城アンナさんがモデルだった『素敵なあの人』なども参考になります。

結城アンナさんは美しすぎて一般人とはかけ離れていますけれど。

合わせて読む
上質な日常着がいいですね?
60代からの服装は?今後ずっと着られるものを。

おしゃれは若い人の特権ではなく、60才からもずっと現役! 60代は服装も転換期、私の場合 60代になると今まで着てきた服が似合わなくなる転換期に入ると思うんですね。 年齢的に見た目的にも、仕事を辞めた ...

続きを見る

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2020 All Rights Reserved.