~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。 好きな服や雑貨は毎日の暮らしを豊かに彩ってくれますよね? ファッションデザイナーとして長く働いた経験から役立つ知識もお届けします。

手ぬぐい

手ぬぐいのおすすめは?用途によって生地x染め方を使い分ける

使ってさらに心地よくなるあひろ屋の手ぬぐい

手ぬぐい素材の違いは岡と文だけど、ブランドごと微妙に違う

暮らし全般を扱うオンラインショップで手ぬぐいを扱うところは多いです。

手ぬぐいは安いものは海外製、国産は柔らかい

そうそう、中川政七商店、わざわざ、など。

ロフトや東急ハンズなどの大きな雑貨店はいろいろなブランドの手ぬぐいを扱っています。

手ぬぐい専門店では、かまわぬ、ふじ屋、などは、手に取って手触りを確かめられるのはいいですね?

安いタイプでは、楽天やドン・キホーテにもあります。

質のよい手ぬぐいは700円台から1000円台が多く2000円まででたいてい買えます。

わたしが買うのは700円から1600円くらいの間が多いです。

染料にも生地にも幅がありますからお値段も幅があるし、同じ染め方でもブランドの違いもあります。

『手ぬぐい生地x染め方x色や柄=いくとうりもの違いになる』 わけです。

生地は大雑把に4種類あり、染め方は2種類あり、色柄は薄い色から濃い色、柄部分の大きさにより柔らかさにも違いが起こります。

また、各ブランドにより生地の種類や質も染め方も決まっていてすべてのやり方はしていません。

なので自分の好みにあてはまるものを使ってみて知って使い分けることですね。

私の場合でいうと、柔らかい生地で注染で色落ちしないのが欲しいのですがありません。

 

手ぬぐいは何かを妥協して選ぶ、素材感?色の好み?

注染はやわらかいけれど色落ちはしやすい、捺染は色落ちしないけれど少し硬くなるんですね。

色落ちで妥協してあひろ屋にすると、特岡で注染

  • 素材が柔らかいから色落ちをがまんする
  • 薄めの色で白地の多いものにすると色落ちも気にならない
  • 色落ちも楽しめる色を選ぶ

染め方で妥協してそうそうにすると、特岡の伊勢木綿で手捺染

  • 伊勢木綿が柔らかく手捺染の硬さがひびきにくい
  • 色落ちはしにくいので好きな柄にできる
  • 好きな色柄で白地の多いものにするとさらにやわらかい

かまわぬの特文x注染はやわらかさが心地いい

  • 伝統的な素敵な柄がある
  • 太い糸で粗い織ならではの通気性や柔らかさがいい
  • 手ぬぐいの素朴な魅力はかまわぬが原点かも?

こんな感じですね。

 

手ぬぐいの使い方の例

ふきんは半分にカットすると45cmでちょうどいいです。ふきんとして使う場合、色柄は白地が多い方が向くと思います。

微差ですが、白無地>注染>捺染の順に吸水性がいいし清潔感もあります。また、蒸し布としては白無地がおすすめです。

ハンカチは幅に合わせて正方形で使いたいので35㎝幅なら37cmから38cmでカットすると2枚取れて15㎝程あまるのはコースターが作れます。

横を長めに裂くのは両端の糸を抜いて使うためです。地の目が少し歪んでいたりするのですが横糸を抜くと正しくなるのでここで微調整するためです。

ランチョンマットにする場合は半分にカットして両端の横糸を抜いて端始末するとちょういい大きさになります。

首巻はそのままでちょうどいいので両端の横糸を5mm幅ほど抜くだけです。

なお、首巻は素材の性質上、カジュアルな普段着スタイルになります。またはスポーツやウォーキング向きですね。

赤や青の好きな色で刺し子ふきんを作る場合は白無地を使うといいです。

 

デザイナー目線で選ぶおすすめの手ぬぐいは?

手ぬぐいはやわらかく上質で色落ちしないのがいいのですがそういうのはないのです。

特岡x注染では柔らかいですが色落ちします。なので使ってみて妥協点をみつけます。

そうそう

江戸時代から続いている伝統の布である伊勢木綿で手ぬぐいを作っているのが、そう・そう。

和柄を北欧風にしたようなモチーフやオリジナルが柄は個性的です。

伊勢木綿は特岡で染めは手捺染です。

素材の特徴がカバーして捺染のわりにやわらかいですし、色落ちはあまりしないです。

テキスタイル量り売りもあるので用途に分けて手作り用にいいです。

 

あひろ屋

やや価格は高めですが、生地はすべて特岡で染めは注染のみにこだわっているので安心して選べます。

色柄はシンプルで洗練されています。

生地も染めもよいのでやわらかくていいのですが色落ちはします。

だからわたしは、白地の多い柄を選んだり、または落ちていく色を楽しめそうな色選びをします。

 

かまわぬ

注染で取扱店舗か通信販売でネットショップはありません。

かまわぬのてぬぐいの生地は「上総理」を使用していて、つまり生地は文の高い方で1cm広幅で糸は太めです。

吸水性がよく、ながく使ううちに更に柔らかくなるのが特徴です。

色落ちを気にしない、価格安めで太めの糸のやわらかい感じが好きな方に向いています。

額装向けの柄には「特岡」を使っています。

※私の好みはそうそうとあひろ屋ですが、柄によってはかまわぬの太い糸の上総理(特文)もいいです。

 

手ぬぐいは使ってみて洗ってみてわかることが多い!

手ぬぐいの価格は素材と染め方で分かれるけれど基準は統一性があるので価格は目安になります。

手ぬぐいはいろいろ使ってお気に入りを見つけるのがいい

わたしはデザイナーなので素材に関しても染めに関してもある程度知っています。

生地屋さんにも染工場さんにも出向きます。

OKを出すために染めに立ち会うこともあります。

なので手ぬぐいのプロではありませんが見識を読めば理解しやすいです。

しかし、手ぬぐいはもっと微妙にブランドによって違います。

手ぬぐいの素材は大きくは4とうりでも素材は4つに分かれているだけでなくさらに微妙な違いもあるんですね。

そこに染めの面積や染め方も加わるので、岡はやわらかく文はすこしざらっとしている、など一言では言えないのです。

 

手ぬぐいは岡は詰まっていて文は荒い織なのだけど…

ただ、生地は文は太く粗目で岡は細く詰まっているの事実ですが、やわらかさはケースバイケースです。

文、特文、岡、特岡の生地は、文は太く粗目の織で岡は細く目が詰まっているのははっきりしていますが、どれが質がいいかは大差ありません。

価格は生地幅が、文>特文>岡>特岡、の順に1cm広くなっていくのでその量程度の差です。

それに染め方も加わるし柄部分の大きさもあるし、洗って糊が落ちてどう変化するかは使ってみないとわかりません。

まだ使っていない段階でも特岡で注染まで同じでもブランドにより違いがあります。

なので、使い続けてもどれが好きかは経験しないとわかりません。

ということで一度に大量に買わないで使って確かめつつお気に入りを見つけてくださいね。

 

あわせて読む
手ぬぐいは手触りと柄が素敵!
手ぬぐいの魅力は?手触りのよさとオリジナルな柄が素敵!

  わたしが暮らしの中で見てきた手ぬぐいの歴史は? 手ぬぐいとは”伝統的な日本のタオル”でした。 戦後は主にパイル生地のタオルではなく家庭でもあらゆる場面で手ぬぐいが使われていました。 ふき ...

続きを見る

-手ぬぐい
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2020 All Rights Reserved.