~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

布マスク

黒マスクはダサい。紫外線吸収や熱中症も要注意な色

黒マスクは熱中症に注意!黒マスクはダサいだけでなく、気持ち悪いし怖いと感じる人は多いですね?

マスクはカッコ良さよりも違和感がないか?という引き算思考がよいと思います。

やたらタックの大きい白マスクの人が多いのも包帯みたいで不気味感ありますからね。

マスクのグレーはダサイことないです。特に男性やモノトーンファッションの女性に合います。

マスクの形はタックよりは立体型の方が違和感は少ないです。

男性ならグレーマスクの人、ネイビーのマスク、サックスのマスクの人なんかがいい感じです。

女性なら、白マスク、薄いピンクやサックスなどですね。

また、黒マスクは光を吸収しやすいので紫外線や熱中症対策にも向いていません。

結論は黒マスクはNG、ベージュや茶系の柄も汚い肌みたいで顔が不気味に見えますね。




黒マスクのデメリットは、 熱中症、シミや日焼け、見た目恐い

黒いマスクは気持ち悪いし怖いのいうのが一般的な感想。

マスクがすっかり日常雑貨になったのはコロナ禍だけではありませんね?

花粉アレルギー症や紫外線防止のUV対策でもあるんですよね?

環境汚染で昔に比べ紫外線の害は大きく肌にシミができやすいのです。

黒マスクは意外と愛用者もいるのですが、一般的な見解は、怖い!ダサい!気持ち悪い!です。

ですが、その時のファッションによっては黒マスクで違和感ない場合もありますが…

わたしは黒ずくめのコーディネートをすることが多いのですが、黒マスクはしません。

マスクまで黒にするのは合うというよりまとめ過ぎて圧迫感を感じるのです。

全身コーデに黒マスクではまるで忍者みたいですよね?

 

黒マスクは光を集めるので危険、白マスクは反射する。

大きいタックの白マスクはダサいです。包帯に見えるんですね。

白い立体マスクの方がダサくないです。

なので、どんなマスクも熱中症のことも考えながら場所により戸外ではとった方がよい場合もあります。

人がいないウォーキングの木陰ではとるとか。

加えて黒マスクは光を集めるので体表の温度はさらに上がります。

厚みも色も熱中症には関係しますから、涼しさも考えながら加減しましょう。

マスクはうつらない効果よりもうつさない効果の方が高いし、自分のためにはウイルスのついた手で目、鼻、口も触らないから守れる効果があるのです。

つまり、夏はやや薄めのマスクでもいいというわけですね。

だから黒マスクは選ばない、です。

竹炭使用の場合は、脱臭・消臭・抗菌の効果があるとのことですが、黒のデメリットも考えれば選べません。

まして、黒い不織布や黒い布であるだけの黒マスクは選んではいけません。

マスクはカッコよさを求めるものではなく、その時の服に違和感のないもので機能的なことが選ぶポイントであるべき!

 

マスクは機能性、次に違和感のなさ、最後がファッション

マスクは顔の半分以上おおうので無地がおすすめです。

顔に柄があるとシミっぽく見えるのです。

顔には目鼻があるのでそれ以上の柄っていらないと思いませんか?

たいてい、マスク姿がきれいに見える時はすっきりした無地で薄い色です。

東京都知事の小池百合子さんはじょうずにマスクをつけていらっしゃると思います。

たいていその日のコーデに違和感のない白や薄い色ですよね?

白や、薄いサックス、薄いメロンのようなグリーン、薄いグレーなどできれいな感じです。

マスクはスッキリ優しい感じがいいです。

男性のマスクも黒はNG、ネイビーは濃い目ですが違和感ない場合もありますが、基本は薄い無地がいいです。

生成りやサックス系、サックス系のグレー、中間色のブルーとかがおすすめです。

ベージュは顔の肌色に近くのっぺらぼうに見えてNGです。

黒マスクでカッコよさなど狙う意味はありません。

マスクに顔をプリントしたマスク、不気味以外のなにものでもありません。

-布マスク
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.