~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。 好きな服や雑貨は毎日の暮らしを豊かに彩ってくれますよね? ファッションデザイナーとして長く働いた経験から役立つ知識もお届けします。

おしゃれ雑貨のおすすめ

マスクは布が快適に使える!

布マスクが使い心地いい

布マスクは使い捨てマスクよりは使い心地がいい!

コロナでマスクが手に入りにくい状況がくるとは予想しなかったですね?

使い捨てマスクも布マスクも売り切れが多く不足気味なのはしばらく続きそうです。

ですが、布マスクの方が使い心地はいいし、洗えるので経済的にもよいと思います。

 

わたしが布マスクにしていた理由は?

わたしも以前は使い捨てマスクでした。

春は花粉症対策、夏は日焼け防止、冬は防寒の目的でハンカチや帽子のよう日用雑貨となっていたのでマスク不足も困りませんでした。

立体の医療従事者も愛用しているというタックありの布マスク2枚と竹布のタックなしの立体マスクを2枚購入。

プラス薬局でガーゼマスク4枚入り1袋を買っていました。

このガーゼマスクは小さくて8重の分厚さで使いにくいです。

ですがコロナの来る前に8枚の布マスクを持っていたことはマスクが欲しいと思わずに済みました。

不織布で出来ている使い捨てマスクは、夏は暑いし汗は息が水滴になって内側にたまるのが気持ち悪かったし、

冬は防寒にもならず寒いので布にしてみたのです。

そうしたら息もしやすいし湿気が内側に水滴となってつくこともなく夏も冬も不織布のマスクよりは快適でした。

布マスクはたいてい1枚1000円から1500円程度ですが洗って繰り返し使えるのでコスパも悪くないと思います。

 

ウイルス予防としてのマスク効果は?

マスクはインフルエンザでもかかっている人が人に移さない効果は大きいけれどウイルス感染予防効果は薄いということは言われていました。

布や不織布のスキマはウイルスよりも大きいから通過してしまうと。

でもコロナの場合は自分が感染していても症状がない場合もあるので他者への配慮として効果があります。

なので他者へのマナーとしてもマスクは必需品ですね。

また、マスクをしているとウイルスのついているかも知れない手で目、口、鼻を触りにくいという効果があるとのこと。

ウイルスは粘膜に触るとかかりやすいといわれますから。

 

コロナ禍の後はマスクが日常雑貨となると予想

わたしは今まで特に見えないバイ菌に対しては料理する時以外はあまり気にしていませんでした。

電車のつり革やエスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなど普通にさわっていました。

仕事中にお菓子をいただいたらそのまま手も洗わずに食べることもありました。

でも今後はみんな普通に気にする人が多くなると思います。

コロナがなくてもわたしにとってはマスクは日常的に使うものでしたので気になります。

素材も大事ですが見た目の色柄も違和感のないものがいいですね?

 

マスクは白や薄い色、優しい柄がいい

マスクは白、ベージュ、サックス、ピンクなどの薄い色がいいと思います。

女性や女の子の場合は柄ならやさしいふわっとした柄がいいと思います。

例えば、水玉の白x黒とかはシンプルでも顔にはふさわしくないです。

同じようにメリハリのある、濃い色の柄が飛んでいるのもきれいには見えません。

顔にシミがあるように見えるんですね?

黒無地なども忍者みたいでいい感じには見えにくいと思いますし、清潔感もないですよね?

マスクはおしゃれ雑貨ではないけれど、できるだけ違和感のない色柄が良いと思います。

男子のマスクは、白、ベージュ、サックスなどがいいと思います。

 

市販の布マスクは、立体型とタックの2タイプが基本

市販の布マスクは真ん中で縦に接ぎ立体のパターンにするタイプか、タックを入れて立体にするかの2パターンが基本です。

平面的だと鼻のところなどスキマができますからね?

真ん中で接がないタイプのタック入りのマスクは鼻の部分に細い針金が入っているのはスキマを減らせます。

 

布マスクも使ってみればいろいろわかってくる

竹布のマスクを買ったのは抗菌効果もあるということだったので買ってみました。

竹布はレーヨン系ですからソフトで形も立体で顔に沿ってまあいいのですが使いにくさはありました。

0.5Cmくらいのパイピングでくるんで、そのまま紐にもなっていました。

このパイピングが数回洗ったらはずれたのです。

耳にかける紐も布のパイピングなので伸びはありませんから下がりやすいのです。

やはりゴムの方が下がりにくいです。

マスク用の、肌にカブレないあたりがソフトなゴムがいいです。

パンツのゴムみたいなのも使い心地よくないと思います。

※竹布のマスクは形や大きさはいいのですが縫製使用が✖でした。

 

医療従事者も使っているという布マスク

この布マスクは上に針金が入っていて鼻のカーブに合わせることができました。

花粉やウイルスの取り込みや
自分が咳やくしゃみをした場合発散しにくい効果はいくらかはあると思います。

大きさもちょうどいいですが、耳にかける紐は布なので伸びがなく着けていて下がりやすいです。

自分でゴムを入れ替えることはできます。

なかなか合格点のマスクはないですね。

市販の布マスクを使って見て自分好みにアレンジして手つくりが良いです。

 

マスクの素材でいいのは?木綿、麻、レーヨン、シルク。

マスクでウイルスの通過を防ぐのは無理と知れば、素材は木綿、麻、レーヨン、シルクがいいと思います。

不織布は糸で織ってはいないのでここちよくないし、ポリウレタンやポリエステルもは石油繊維なので通気性悪いです。

薬局で買えるガーゼマスクも小さくて分厚過ぎて使い心地よくありません。

分厚くてウイルスはいくらかは通過を減らせても分厚くて小さいから鼻のところに隙間が大きく開きます。

なので布マスクを買うなら薬局のガーゼマスクよりはネットで探して吟味して買う方がよいものはあります。

マスクの作り方動画や本で見ると難しそうに見えるんですね?

一つ買って見てマネる方が簡単ですよ。

その時、大きさ、形、など使いにくい部分を改良するとさらに良いマスクが作れます。

素材は手ぬぐいやダブルガーゼで2重にしてもいいし、表はもう少し薄くてしっかりした木綿でもいいと思います。

薄手のギンガムやリバティプリントくらいの糸番手がちょうどいいと思います。

ですが色は無地、柄物なら無地に見えるくらい薄い色だけの配色がマスクにはいいです。

市販の布マスク同様2重仕立てでいいと思います。

 

-おしゃれ雑貨のおすすめ
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2020 All Rights Reserved.