おしゃれ雑貨のおすすめ

麻のマスクの効果。放湿性が良く湿らず快適!

 

麻のマスク効果

 

麻マスクの効果は放湿性が良く吐く息で湿らないこと!

布マスクは2重から5重くらいまでありますし、素材も綿、麻、絹だけでなく混紡もあります。

マスクの肌に当たる側と外側で、シルクX綿、シルクx麻もあります。

通気性を求めるなら綿よりも麻やシルクがおすすめ!

不織布より綿の布マスクは通気性いいですが、麻のマスクはさらにいいです!

私の体験ではシルクよりも麻(リネン)が快適です。




麻のマスクは、不織布や綿よりも使い心地がいい!

使い捨てマスクは石油系で織物ではなく不織布と言います。

織らない布で、つまり布ではありません。

織っていないので不織布は通気性も吸湿性も悪く蒸れます。

実際に試して見ると、麻のマスクの効果は綿よりもシルクよりも湿りません!

マスクが湿ると気持ちよくないですよね?

 

市販の布マスクは、立体型とタックの2タイプが基本

市販の布マスクは真ん中で縦に接ぎ立体のパターンタイプか、タックを入れて立体にするかの2パターンが基本です。

お洗濯しても形を整えやすいのは立体型ですね。

平面的だと鼻のところなどスキマができますからね?

真ん中で接がないタイプのタック入りのマスクは鼻の部分に細い針金が入っているのはスキマを減らせます。

布マスクの縫い方は、パイピング始末か、折り返しステッチです。

パイピング始末はお洗濯すると外れやすいのでおすすめしません。

 

麻マスクの効果は、吸湿性、放湿性が綿よりもいいこと!

実際に使ってみると、綿、シルクよりも麻が快適です。

麻の特徴である、吸湿性、放湿性のよさが自分の吐く息が水滴になってこもらなくていいです。

 

 

だから麻(リネン)は布マスクとしては蒸れにくく心地よいのです。

不織布>綿>シルク>麻の順で吸湿性、放湿性はいいです。

麻マスクが快適!麻は立体型がアイロンも楽。

麻マスクは吸湿も放湿もいいので湿らず心地いいです。

色もたくさんあって好きな色が選べます。

わたしは、オフやベージュが好きです。

 

マスクの素材は、麻、木綿、シルク、レーヨンがいい!

マスク素材は、麻、木綿、シルク、レーヨンがいいと言われますが、

  • 不織布は吐く息が水滴となり肌にたまることがある
  • 綿、レーヨン、シルクは少し湿る
  • 麻は吐く息の水分を吸湿も放湿もよく湿らない

実際に使って見るとこの結果でした。

不織布は石油系で肌によくないし、ポリウレタンやポリエステルもは石油繊維なので通気性悪いです。

薬局で買えるガーゼマスクも小さくて分厚過ぎて使い心地よくありません。

分厚くてウイルスはいくらかは通過を減らせても分厚くて小さいから鼻のところに隙間が大きく開きます。

なので布マスクを買うなら薬局のガーゼマスクよりはネットで探して吟味して買う方がよいものはあります。

わたしは2重か3重が使いやすいです、分厚いと呼吸しにくいですね。

逆に手洗いを一番気を付けています。お菓子を食べる時も一度お皿に出して袋を触った手で食べません。

公衆のトイレはできるだけ使わないで済むようにしています。




わたしが布マスクにしていた理由は?

わたしは以前から布マスク愛用者でした。

春は花粉症対策、夏は日焼け防止、冬は防寒の目的で布マスクを使っていました。

立体の医療従事者も愛用しているというタックありの布マスク2枚と竹布のタックなしの立体マスクを2枚購入。

プラス薬局でガーゼマスク4枚入り1袋を買っていました。

コロナの来る前に8枚の布マスクを持っていたことはマスク不足に困らず済みました。

不織布で出来ている使い捨てマスクは、夏は暑いし汗も吸収せず、冬は息が水滴になって内側にたまるのが気持ち悪かったし、

冬は防寒にもならず寒いので布にしてみたのです。

そうしたら息もしやすいし湿気が内側に水滴となってつくこともなく夏も冬も不織布のマスクよりは快適でした。

布マスクは安いもので1枚1000円から2000円程度ですが洗って繰り返し使えるのでコスパも悪くないと思います。

シルクマスクやこだわりのマスクは2000円から4000円以上もします。

 

ウイルス予防としてのマスク効果は?

マスクはインフルエンザでもかかっている人が人に移さない効果は大きいといわれます。

けれどウイルス感染予防効果は薄いということは言われていました。

布や不織布のスキマはウイルスよりも大きいから通過してしまうと。

しかし何割かはウイルス予防にも確かに効果はあるのです。

でもコロナの場合は自分が感染していても症状がない場合もあるので他者への配慮としての効果は大きいです。

なので他者へのマナーとしてもマスクは必需品ですね。

また、マスクをしているとウイルスのついているかも知れない手で目、口、鼻を触りにくいという効果があります。

ウイルスは粘膜に触るとかかりやすいといわれますから。




コロナ禍の後もマスクは日常雑貨となると予想

わたしは今まで特に見えないバイ菌に対しては料理する時以外はあまり気にしていませんでした。

電車のつり革やエスカレーターの手すり、エレベーターのボタンなど普通にさわっていました。

仕事中にお菓子をいただいたらそのまま手も洗わずに食べることもありました。

でも今後はみんな普通に菌を気にする人が多くなると思います。

なので布マスクは生活雑貨として日常品になると思いますね。

布マスクの方が使い心地はいいし、洗えるので経済的にもよいと思います。

素材も大事ですが見た目の色柄も違和感のないものがいいですね?

 

マスクは白や薄い色、優しい柄がいい

マスクは白、ベージュ、サックス、ピンクなどの薄い色がいいと思います。

女性や女の子の場合は柄ならやさしいふわっとした柄がいいと思います。

例えば、水玉の白x黒とかはシンプルでも顔にはふさわしくないです。

同じようにメリハリのある、濃い色の柄が飛んでいるのもきれいには見えません。

顔にシミがあるように見えるんですね?

黒無地なども忍者みたいでいい感じには見えにくいと思いますし、清潔感もないですよね?

マスクはおしゃれ雑貨ではないけれど、できるだけ違和感のない色柄が良いと思います。

男子のマスクは、白、ベージュ、サックス、グレーなどがおすすめ。

-おしゃれ雑貨のおすすめ
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2022 All Rights Reserved.