~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

60代からの女性の服装

60代は何を着ていいかわからない…年齢も服を着る環境も変わり目だから

60代は何を着たらいい?

60代は自分の暮らし方も環境も変化が多い時期ですよね?

服はTPOが軸に合ってその中でしっくり似合う服選びが基本ですから、いっぺんに解決する問題が重なるのですね。

なのに近くのショップにもデパートにも今欲しい着たいものが置いていないから悩むのです。

しかし自分のこともわかってくるし…出没する場も限られるので必要な服アイテムも決まって選びやすくなるし、断捨離しながらこれからの生き方と服を決めていくのはなかなか楽しくスッキリしますよ。




60代からのNGファッションとは?

60代からどんな服を着るかは個人のテイストや暮らす環境によって違いますがどなたにも共通する事柄もあります。

ここでは基本的な、60代 ng ファッションについてお伝えしますね。

60代からのおしゃれや着こなしで大切なこと!

おばさんっぽくもならず若見え狙いの痛いファッションにならないために気をつけたいことがあります。

  • 自分のテイストをはっきりさせる
  • 自分の基本色(ベースカラー)を見直す。
  • 似合う色を見つける
  • 自分の似合うスタイルがわかったら基本にする
  • ボトムは似合うものだけでいい、変化を付けなくていい
  • 似合うコーデを毎日着る。いろいろ着こなせなくていい!
  • あなたの出没する場所で着る服だけでいい
  • 先輩の世代の服装は参考にならないと知っておく
  • 雑誌はハウツウ本ではないので参考にはしづらい
  • 似合う好きな服以外は買わない
  • ゆったりし過ぎもぴったりし過ぎもNG
  • 地味なおばあさんになるだけの柄物は選ばない
  • 今までよりはソフトな感じを意識する

要するに、今の自分に必要な似合う服だけでいい、ということ。

何かの時に…とか、いつか必要かも?は考えなくていいのです。

年を重ねるほど中性的になるので、女性はおじいさんに、男性はおばあさんに近づくといわれます。

しかし、おじいさんにもなりたくないですよね?

あるおじさん世代のおしゃれとは無縁そうな男性が、『女はいくつになってもきれいでなければダメなの?』と言われていて…ちょっと考えました。

女はいくつになっても、マナーなさ過ぎ、品なさ過ぎ、こぎれいなさ過ぎ、はダメだと思っていましたが、そうだったの!?と。

 

あるウエブ雑誌で60代だからメンズものが似合うというのがありました。

えっ、あり得ない!おばさんがおじさんに加速するだけなのに…とわたしは思いました。

若く女らしい人がメンズを着て似合うのも限られた人、限られた着方だけです。

60代になったら自分らしさにほんの少しやわらかさ、明るさ、華やかさなどを加えた方がきれいに見えます。

ピンク系などの暖色系は着なかった人も、ピンクベージュとかクールな薄いピンク、藤色、薄いオレンジなども試してほしいですね。

今までよりも似合うことにびっくりすると思いますよ。

品よくこぎれいであることで女性であることは忘れないおしゃれな人でありたいです。




60代からは柄物にご注意!

  • メリハリのはっきりした配色の柄物は似合いません
  • 地味な小柄も60代以上は似合いません
  • 小柄でも大柄でも配色は似た色で遠目には無地に見える方がきれいです!
  • 配色は明度が似ている、色あい(色相)が似ている同志の配色が大人をきれいに見せます
  • 柄物を着てもあなたのお顔がすっきり見えたら当たりです

60歳も過ぎると気軽に柄物は買わない方がいいです。

無地にはない華やかさや楽しさがある場合に限った方がいいです。

実際に街の人を見ても地味なおばあさんになるだけの柄物を着て失敗している人って多いのです。

無地の基本色を見直す

  • 黒は60代からはきつく見えやすいです
  • 白っぽいベージュ、グレー、紺や藍、シックなグリーン、あずき色などはおすすめ!
  • 派手なピンク、真っ赤、派手な紫などもNG
  • 色だけが浮かず顔色がきれいに見える色を見つける

派手なピンクや赤などはワンポイントとして効果的使えることはあります。

判断のコツはしっくり似合っていてスッキリ見えること。

高齢になっても黒を着る場合は毛羽のあるウールやニット系の方が感じがやわらかいので似合います。

シャープな生地の黒は似合いにくくなります。ポリエステルや木綿の黒などですね。

カットソーやニットの黒ややわらかいので比較的似合います。

高齢になったから地味がいいわけでもなく、派手が似合うわけでもないのです。

エリザベス女王さまは蛍光色や濃いパステルのスーツがとてもお似合いで素敵ですよね?なんでも例外はあるので…

その色を着ることであなたらしくきれい度がアップする服が似合う色柄です。

適当な着られる服は管理が面倒になるだけですから着ることがうれしいとか、心地いいとかでなければ買わなくでいいのです。

今すぐ捨てられない場合は、ときめく服や絶対に必要な服だけコーナーを分けるのもおすすめ。

少しづつときめくコーナーが満たされたら他は処分できますね?

たぶん、インナーウエアやパジャマを除くと30枚くらいで年中行けると思います。

60代からのngファッション。シルエットや素材

  • サイズが合わない服は買わない!
  • 作業服風は大抵似合わない、労働者になってしまう
  • 首やデコルテは隠す
  • 夏でも胸の明き過ぎは品がない
  • ボトムはあなたに似合う定番だけに絞る
  • ボトムは透けているのはスッキリしない

 

70代の方。テレビで見てファッションチェック。

黒の華やかなプリントのブラウスと黒の透けたロングスカートの方

おしゃれな文化人の方が黒い地色でピンク系のバラの総柄のブラウスに、ボトムは、黒の透けたロングスカートでした。

ばら

お顔は地味めの整ったきれいな和風の方で表情も知性的な柔らかい感じ。

透け感のあるスカートの下は、黒のレギンスに黒の靴です。

色は黒だけですがスッキリしないのですね。やはり透ける服の魅力は若い体にまとってこそ!と思いました。

透ける生地の下は若いぴちぴちした元気感が必要なのです。

※私がスタイリストなら、

花柄のブラウスは可ですが、地色がグレー系ならきれいなのに!と思いました。

ボトムは対談なのでボリュームのあるロングスカートもOKですが、少し光沢感のあるシルクタフタ風の透けないものがいいと思いました。

一見した感じが全身華やか過ぎて頑張り過ぎ感があるのでよけいにボトムは素材のスッキリ感がほしいです。

足元は靴、レギンス、スカートで全部黒一色が肌色が見えないのはハードすぎて…

足首や甲の肌色が見える着こなしの方が女性らしい華奢感がでてスッキリしますね。

知的な優しいお顔なのにトップもボトムも派手過ぎて視線が散らばるのです。

 

清楚美人の女優さん、若々しい美しすぎる人なのに…

大人可愛いパフスリーブの袖でウエストマークしたボリュームのあるロングワンピースでした。

70代ではこの女優さんだから似合うという感じの大人可愛いシルエットです。

色は落ち着いたクリームよりは黄色寄りのオリーブ味を含んだ色。

黄色

形もいいし着る人も清楚美人なのできれいでしたが、もったいないと思いました。

黄色は流行色だからというのもあったのでしょうが落ち着いていても黄色系なので明るすぎて視線が散るのです。

黄色である上にふわっと広がったボリュームのあるロングワンピースなのでまず、色が目につき過ぎるのです。

人の存在感が薄れていましたね。

着る色は主役ではないのでもっとお顔に視線が集まる落ち着きのある色がきれいに見えると思いました。

あの若々しいお顔なのですから、シルクような素材感のグレー系とか、ブルー系、グリーン系のシックな色がいいと思いました。

有名人や女優さんも今日の衣装は失敗では?と思うこともあります。

 

60代ファッションでカッコよく!は狙わない!

60代、70代、80代の芸能人でカッコいいファッションを紹介している雑誌があります。

高いヒールの靴を履いてロング丈の分量の多いワンピースのマキシ丈をひらめかせていたり…こんなの似合って機敏に動ける???と疑問に思います。

私たち一般人ではカッコよさはねらわなくていいと思います。

それは例外的なお手本ですから…こぎれいで機能的なファッションがいいと思います。

 

大人になったら、着たい服

 

トレンチコートをかっこよく着たり、おしゃれなジャケットにヒールの靴なんて着る場面はないのが普通。

自分らしくそのコーデにすることで何割か増してきれいに元気に見える!服がいいですよね。

おばさんっぽくない、すっきりと自分を知っている感じがいいと思いませんか?

長く生きてきたからこそ知性も見る目もある内面を反映させた60代の着こなしでありたいですね?

 

佐藤恵子 【60代からの着こなしレシピ】

佐藤恵子さんの本 、60代からの着こなしレシピは参考になりますよ。

 

ナチュラル系ファッションにはエイジレスな服があるけれど

ナチュラル系ならではの60代ngファッションもあります。

ひと昔前のナチュラル系といったら着ることにこだわらない人が着たり…若くて肌がきれいでないと似合わない感じでしたが今は違います。

ですが、ナチュラル系は光沢のない素材や自然なシワっぽい服もあるので60代以上が着ると貧弱に見える場合もあります。

しかし、普段着ではなく、上質な日常着というこだわり方で着やすくおしゃれなブランドはとても多くなっています。

そのブランドすべてではなくエイジレスな、自分に似合うものを選ぶと60代も70代も似合いますよ!

ポイントは、形、色、素材感を見極めて選ぶことです。

わたしは60代になって都会から地方へ引っ越したのでナチュラル系のオンラインショップはよく利用します。

 

60代にワイドパンツのコーデは重宝

60代にもなるとジーンズをおしゃれに着こなせる人は少ないです。

庭のお手入れでさえもおじさん風になりがちな高齢者には似合わないのです。

高齢女性には作業服はもんぺスタイル の方がしっくりしますね。

こちらも関連
中川政七商店のしましまもんぺ
もんぺのおしゃれは?機能的でダサ可愛い魅力!

  もんぺをおしゃれに着こなすポイントはトップとのコーディネートで決まります! モンペに合うトップスは何といってもTシャツですね。プラス色の合わせ方です。 派手なキャラクターのプリントや柄入 ...

続きを見る

かといって70代後半や80代の女性が着ているポリエステルのゴムパンツもおばさん過ぎ!

柄のレギンスもなぜだろう?と不思議です、きれいと思ったことはありません。

無地のレギンスをワンピースに合わせるコーディネートは良いと思います。

女性のヒップがくっきりするボトムスって品がなく感じるのです。その中ではジーンズはいちばん大丈夫ですが。

その点、60代にワイドパンツ コーデはおしゃれで機能的です。

ワイドさ加減もブランドにより変化があるので自分に似合うワイドパンツが探せるのです。

ウエストがゴムのポリエステルのパンツはおばさん過ぎなのでナチュラル系の要素を含んだワイドパンツはおすすめ!

同様にコクーンのスカートも履きやすいですよ。

私は小柄なのでデザインが短め丈のを探しパンツ丈を直さずに着られるワイドパンツを購入します。

 

60代のファッション…太めの方は?

体重が適正だと選べる服の範囲がぐっと増えますよね?

60代からは今までの体重を維持できる人とぽっちゃり太め体形に分かれやすいです。

しかしこれは年齢からくる当たり前ではないことに気づきました。

50歳過ぎると基礎代謝が落ちるので今までどうりの生活をしていたら太りやすいのは事実。

若い時とバストとヒップは同じサイズでもウエストはやや太めで筋肉が下がるのはある程度仕方ないです。

ですが痩せることは意外と簡単だし食べる量を控えるのも慣れです。

わたしも気にしないと52㎏になるのを47㎏にしました。

朝ごはんをやめて軽いランチときちんと早めに食べるバランスいい夕食にしたら簡単でした。

バランスのよい献立にするとお腹が空かないので食べ過ぎない、というのは勝間和代さんの動画で知り目からウロコでした。

バランスの良い食事がダイエットを無理なくできるコツだったのです。

勝間和代さんはテレビのお仕事で、美木良介さんのロングブレスを実践しても思うようにやせなくて、試行錯誤し、バランスよい食事をすることで痩せることがわかったそう。

健康と美しさが同時に手に入りますよね?

合わせて読みたい
ネット通販は、こだわりの好きな服がみつかる!
60代の服はどこで買う?

60代の服はどこで買う?と悩む人が多いのは、年齢や見た目の変化だけじゃないですよね? 着る人自身が今までのシニア世代とは経験もセンスも大きく違うし時代も転換期ですからね。 キャリアブランドも違うけれど ...

続きを見る

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.