~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

60代からの女性の服装

60代に顔映りのいい色。似合う服の色や柄は?

 

色は魔術師のよう

 

60代に顔映りのいい色ってあるんですね。

濃い色は落ち着いた深みがあってきれいめの方が顔がすっきりします。

全身でなければ、マットな朱赤やレンガ系赤もアクセントになって似合います。

薄い色では輝く白よりもオフホワイトとか、淡い草木染のようなサーモンピンク、ラベンダー、セージ、サックスなどが似合います。

60代以上になると似合う色は優しい色がいいし、くすんだ色は似合いません。

濃いメイクも赤い口紅も60歳過ぎれば違和感がありますね?

専門家で高齢者だから赤い口紅がいいという意見もありますが、わたしは違和感を感じます。

実際に80代でその方を拝見しても似合わないと思うのですが美は正解がありませんし感じ方もそれぞれなので…。




60代~高齢者が似合う色は、顔が明るく見えてスッキリする色

若く透明感のある美しい肌はどんな色をもってきてもその人の雰囲気に合えば似合います。

ですが、60代になるとシミやくすみもあって普通なので似合う色も見直すといいですね。

メイクもノリが悪くなるので自然に薄化粧になりますし。

すると服の色で補うのがいちばん効果があるんですね。

60代に似合う色も70代に似合う色も変わりませんから見直すのもよい機会です。

 

60代からは顔映りのいい基本色を見直そう!

ベースカラーや基本色も見直す時です。

アウターに使う濃い色は今までは黒が多かった方も見直しが必要です。

60代は変わり目なので似合う色も変化のある時。

60代に顔映りのいい色は、70代はもちろん、もっと高齢になっても似合います。

高齢者の基本色は和の色がいい

布の黒よりは、ニットやカットソーの黒は優しいですが、それでも黒は60代以上にはきついです。

素材もサージ、チノパンの素材よりも起毛のあるウールの方がソフトで似合いやすいです。

ダークグリーン、藍やネイビー、あずき色などにシフトがおすすめ。ブラウン系が似合う方もおられます。

ダークでも落ち着いていても、濁りは控えめに澄んだ色がいいですね、蛍光色やビビットカラー、原色も圧倒されたり浮いたりしますよ。

日本古来の藍染めやあずき色はおすすめです。

濃いめの藍はたいていの人に似合いネイビーよりも華やかさもあるのでおすすめです。

和の色名が付くような植物染めのような優しい色はおばあちゃんにもやさしいです。

60代に似合う色、70代に似合う色、80代に似合う色は傾向は似ていても高齢ほどより優しい柔らかい感じがいいですね。

グレー系は、紫を帯びていたりコーデする色によってはとても映えます。

今までよく着た色が黒ならあずき色やチャコールグレーに変えるのはおすすめ!

グレー系はインやマフラーに配色のいい明るめの色をコーデすればきれいです。

尚、ボトムは顔から離れているので雰囲気が合えば、グレー、ブラウン、カーキ、黒も合わせやすいです。

 

淡い色やオフホワイトはシニア女性を優しい雰囲気に♪

サーモンピンクは日本人に似合いやすい色です。

色と刺繍で華やかさと品をプラスしてくれます。

袖丈も短めは若々しく見えるし背が低い方も長過ぎず合います。

素材は、綿70%,麻30%のブラウスです。

60代は若さもあるし70代もまだ高齢者の雰囲気はない人も多いです。

淡い色が似合う女性は若い時よりも高齢になってからの方が多いかも知れません。

高齢の方には輝くような白も浮きます。

60代以上になるとベージュで顔映りのいいのは、白に近いベージュや淡くピンク味を帯びている色です。

淡い色や白っぽいアイボリー、ごく薄いペールトーンの自然な色は似合いますね。

今まで着なかった方でも、薄いラベンダー、サックス、薄いクリームなども似合います。

この中の3色でもどの色があなたにいいかは顔にあてて見ましょう。

顔のくすみは服の色でかなりカバーできますよ。

鏡のあるスーパーやユニクロは便利です。

インナーウエアやタオルでもいいので、顔映りだけならひとりでチェックできますね?

そこで自分はラベンダーと決まれば、ネットでも買いやすくなりますね?

ただ、ラベンダーでも微妙な違いで自分に似合うかどうか?わかってもオーダーではないので少しは妥協することもありますね。

 

60代は明るすぎる色もくすんだ色も似合わない

60代になると明るすぎる色もくすみ過ぎる色も似合いません。

シックなくすんだ色やナチュラル系の色も沈みますが、顔とトップスの間にきれいな色のインやスカーフをあしらえば解決します。

くすみ肌をカモフラージュしたり優しくカバーしてくれるトップスの色がおすすめです。

顔映りの良い服で写真映えを狙いたいときも白っぽい色やあなたの感じに合う濃いめパステルもきれいです。

濃いきれいな色選びのポイントはその色とあなたの雰囲気がマッチしていることなので、好きな色から探すのもコツです。

しかし、明る過ぎやきれい過ぎも浮くのです。

例えば、50代でカーキ色が好きだった…60代からはどうかな?と思う場合は、カーキ系でもグリーンが濃いめとかきれいめにシフトしたり。

そうすると自分自身の持ち味は同じですから似合いますよ。

カーキ系の色は日本人に似合いやすいのですが年齢が上がるほど素材によっては作業着に見えやすくなる場合もあります。




 

濃いめパステルはあなたらしい感じの色を!

濃い色の落ち着いた基本色や淡い色は何が似合うか?わかりやすいですね?

難しいのは、パステルや濃いめパステル、明るめの濃色の決め方です。

年を取れば派手な色が似合うわけではありませんし、地味な色が似合うわけでもないのです。

60代はパステルカラーは似合わないのが普通でたいていどなたも似合いません。

パステルや明るめ濃い色は似合うか?似合わないか?はっきり分かれます。つまり、失敗もしやすいのです。

決め手は、あなたの好みや雰囲気です。オレンジやレンガ系?フクシャピンク系?紫?

その中ではやや落ち着いたレンガ系や朱赤系は似合いやすいです。

いつも黒が多かった、エッセイストの光野桃さんも50代になってから朱赤をコーデにプラスすることが多くなったそうです。

日本人は黄味を帯びた肌色の人が多いですからレンガ赤や朱赤のマットな感じは似合いやすいです。

若い時は寒色系しか着なかった人でも60代になってから赤い色に惹かれ似合う場合もあります。

その時は、赤の色味が自分に合う色を見つける、ことにこだわってください。

私の場合は、若い時はピンク系の赤やマゼンタが似合ったのに、今はレンガ系の濁らないマットな赤の方が似合うようになりました。

イエベかブルべかというパーソナルカラー診断だけでは当てはまらないこともあります。

ピンク、赤、オレンジ、などの濃い明るめの色は親しい友人や家族にも見てもらうといいですね?

好きで着慣れれば、青緑は意外にどなたにも似合いやすい色です。

赤やオレンジは雰囲気が違うけれど華やかさのある色を着て見たい時は参考にどうぞ。

青緑系でも緑を多くするか?青を多くするかで違った色になります。

わたしもなんか緑色の服を着て見たくなりました。

緑色は寒色でも暖色でもなく中間色で2020年の流行色でもあります。


 

シルバーは使い方によっては華やかさもある色

髪がグレーの方はいろいろな色が似合いやすいです。白髪よりも若く美しいです。

髪がシルバーになったら合う色もありますね、きれいな色も似合いやすくなります。

髪だけでなくシルバーの色はグレーに輝きがプラスされた色ですから、いわばグレー系なので配色は合わせやすいのです。

無彩色はどんな色とも配色がいいですから。

シルバーグレーは、優しいクリーム寄りの黄色やピンクとは特に合う配色です。

オフと合わせても華やかです。

アクセサリーも小さければゴールドが華やかですが大きい場合はシルバーが似合います。

シルバーにはパステルや淡い色がとても合い美しいですよ。

 

 

顔映りのいい色は、60代、70代、高齢者も変わりません

60代に似合う色を探すとき、はじめに無地を見直しましょう。

70代が似合う色も高齢者が似合う色もかわりません。

おばあちゃんはなぜか柄物をよく着ています。

 

無地は上品なのに…柄で失敗している人が多い!

一般的に無地は上品です。柄はやや普段着、カジュアルな感じになるんですね。

だから皇室の方が柄をお召しになっていることはめったにないですよね?

柄があるばっかりに安っぽく、目がチカチカして肌がくすんで見えることは少なくないのです。

無地はスッキリして上品であるという基本を見直してくださいね。

 

無地風な柄や配色は雰囲気をプラスしてくれる

無地ではないけれど、遠目には無地に見えるような似たもの同士の配色はおすすめです。

黒x濃紺。紺x濃いブラウン。紺x濃い青。紺に濃い青の水玉模様とか。

紺に白の水玉だとチカチカするんですね。若い人にはいいのですが高齢になるほど似合いません。

近い色の配色って無地よりもニュアンス、雰囲気が生まれるんですね。

60代以上って思うよりもクセがありますから、着るものはスッキリがいいけれど単純過ぎずニュアンスがあるのがいいのです。




 

柄は配色がポイント!コントラストの少ない配色がおすすめ!

コントラストの差が小さい柄

 

上の水玉は、サックスと薄いブルーでどちらも彩度は低く色相は似て、明度の差も少なめなので一体感があります。

こういう配色は高齢者にもおばあちゃんにも似合う配色になりますよ。

他にも黒x白の水玉柄よりは、紺x濃いブルーで鮮やかでないブルーの方が高齢者にはきれいですね。

 

コントラストの差が大きい柄

 

上の写真のようなコントラストの大きい柄は強くて高齢者は負けるし、顔はシミっぽく見えるんですね?

こんな元気すぎる派手柄は若くて元気があり、透明感のある美しい色白肌にはきれいですが、高齢者には似合いません。

ボーダー柄はたいてい人をきれいには見せません。部分的に見える面積が少ない場合はいいのですが。

まして60歳過ぎた人や高齢者にはボーダーは似合いません。

黒x白などのコントラストの差があるほど似合いません。

ですが、紺x濃いブラウンのボーダーなら、無地に近い感じに見えるのでなんとかOK.

無地が上品でも柄には柄の面白さや楽しさがあるし気分転換にもなるという価値があります。

柄だけできれいではなく、あなたの顔をきれいに見せるか?で判断することです。

60代以上になると柄物は要注意、特に配色に要注意!です。

 

柄は大きさや間隔、配色の濃度差で地味にも華やかにも変わる!

藍に小さな白い花柄は間隔が広いと清楚で若い、詰まっていると地味になります。

60代になると小さい柄物は避けた方が無難。

小柄は地味なのです。

小柄でも広く間隔が開いていれば清楚で可愛いです。

色のコントラストが少ない大きな柄は華やかさがあります。

紺のグランドに濃いめ青の柄とか、ですね。

 

色の明度差は少なくても小柄で詰まっていると地味


中柄ですが色白でないと顔色がシミっぽく見えやすい配色

グランドと柄の色の濃さに差があると顔色がシミっぽく見えます。

色白でシミやくすみが無ければOK。


 

 

コントラストの少ないチェックなので顔映りもスッキリ

このようなコントラストの少ないグランドと柄の場合は、無地よりもニュアンスがあって華やかです。

 

60代からはアイテムを絞り色にこだわろう!

60代に入ったら服のアイテムは似合うものに絞り色にこだわるとスッキリきれいに見えます。

もう、パンツでもスカートで自分の似合うデザインは型が決まってくると思うんですね。

女性はどの年代でもピンクが最も人気で、オレンジや暖色系が好まれる一方、緑、青などの寒色系も人気なんですね?

それでいて実際にはなんと地味なおばあさん柄を着ている人は多いのでしょう?

きっとシニア世代に似合う美しい柄の服が売っていないからですね。

わたしが過ごした田舎では大人がピンクを着ている人は少なかったですが、デザイナーになって圧倒的にピンクの人気が高いのにはびっくりしました。

そんなにみんなにピンクが似合うとも思えなかったのですが。

女性は女らしいとか可愛いとかにあこがれるのですね?その人の持ち味がカッコいいとかさっぱり感だとしても。

ですが美しいとはさまざまなタイプがあるので、その人の持ち味を強調した方が素敵なのに…と思います。

自分を知ることは、見た目でも能力でも性格でも一番大切ですから、ないものねだりはやめて、素の自分を生かすことが先です。

清楚な野菊が大輪のボタンにあこがれてもムダですよね?

野菊、牡丹、白百合は全く違う美しさですから。

 

 

似合う服の変わりめを感じたら、服の買い方も変えよう!

今までと変わってきた自分を認識したら、いままでどうりのショップで同じような選び方をしたら似合わないですよね?

なので、今までと同じ買い方をやめてみましょう。

いままで高価な服を買うのが普通だった方もリーズナブル価格に挑戦するチャンスです。

なぜなら、安くても質もセンスもいい服は多くなっているから。

買う場所を変えて買う服も変えないとね?

一度、こんまり式に、ときめく服だけにしてみる方法もあります。

ですが、ときめく服以外全部捨てたら生活できないですから、ときめく服をA、普通だけど絶対必要な服をB、それ以外をC、と分けて見たらどうでしょう。

Aから自分のテーストを見て、Bから改善した新Bを見つけ代替えが買えたら捨てる。をやってみませんか?

これからの自分のTPOをしっかり見れば、必要な服もわかるので枚数は少なくていいのです。

仕事辞めたら通勤服や仕事服は一切不要なのですから。

日常のお出かけ服とお家での服が基本になる方は多いと思います。

そうすれば、年間で30着~40着くらいで整えられたら理想ですね?

 

60代男性に似合う色。基本は女性と共通ですが違いもある

このブログは女性向けに書いていますが、

見てくださる女性がパートナーの服を購入する立場からのお問い合わせもあり補足します。

今の時代は男性が着る色も多くなりましたが、それでも女性よりは少ないですよね?

60代の男性で意外と目につくのが、真っ赤なパンツやアウターを着る人です。

ほぼ全員似合っていません。

男性の赤いパンツは若い人から高齢者まで似合いません。

まして高齢男性の赤いパンツは違和感しかありません。

ですが、エンジ色はあり得ます。

60代男性も 似合う色は、お顔がスッキリ見えてその人の雰囲気に合う色が基本です。

男性は特にこだわりがある場合は別ですが、基本は個性よりは定番で引き算で考える方がきれいに見えます。

ワイシャツにあるようなサックスや薄いピンク、薄いラベンダーなどは似合いますね。

アウターは、ネイビー系やきれいなアイボリー系、エンジ系などはその人に合う色を見つけるのが大事です。

それと大事なのはサイズ感です。

似合う色を外さず、デザインは定番から選び、サイズ感がちょうどいいのがスッキリきれいに見えます。

似合う色探しはスーパーでも気軽に試着して鏡で見ればわかりますね?

Tシャツならボーダーや大きなロゴプリントはやめて、基本色の無地、小さなワンポイントのロゴ程度がきれいです。

避けた方がいいのは変わったデザイン物、柄物や濁ったくすみ過ぎの色ですね。

顔と雰囲気から似合う色探しは、こちらの パーソナルカラー診断 が参考になります。

モデルは男性ですが基本は同じなので女性もとても参考になりますよ。

 

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2022 All Rights Reserved.