~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。 好きな服や雑貨は毎日の暮らしを豊かに彩ってくれますよね? ファッションデザイナーとして長く働いた経験から役立つ知識もお届けします。

60代からの女性の服装

おばあさんの服装は?形はゆるく色柄は優しいものが似合う

おばあさんに合う色や形はある

おばあさんは可愛い服が似合うってほんとう?

”おばあさんになったら可愛い服が似合う”というのは聞いたことある言葉だと思います。

可愛いペタンコの衿のブラウスやワンピースを着た可愛いおばあちゃんを見かけたこともあるでしょう。

60代では無理ですが80代にもなれば似合ったりします。

わたしは服飾の専門職ですが実際に高齢者と多く接するようになってからの方が、高齢者に似合うものはよくわかるようになりました。

タイプにもよりますが女性も中年になると女らしいというよりは中性的になる人も多いのですね。

さらに高齢になるとおばあさんもおじいさんに近くなるんですね?

なので、その人の今までの服の雰囲気よりは女らしい方が感じよくなります。

持ち味があるので正反対にはなりませんが。

私の母は寒色系しか着ないしレースとかフリルとか可愛いとかは縁のないタイプでしたが、80才も後半になると変わってきました。

骨格ではストレート系で、色はグレー系やサックス系が多く、可愛いとかフェミニンとかは全く着ない人でした。

それが薄いピンク系やラベンダー系とか、濃色ではワイン系が似合うようになったのです。

その人らしい雰囲気はどの年齢も基本は変わりませんが微妙に変化はしますね。

 

雰囲気は維持、欠点は和らげることがきれいに見せるコツ

色白で肌がきれいなシミのないおばあさんはどんな色も合うのですが、決め手は雰囲気も合う色が一番似合います。

肌にくすみもシミもある場合は、コントラストのキツイ配色や濁った色は似合いません。

モカ系が似合うタイプでしたらさらに薄いきれいめベージュにしたり少しピンク系の薄いモカにするとかです。

濃い色より白っぽいきれい目の色が似合いやすくなるんですね。

長く生きると苦労も多く単純な雰囲気でなくなるのです。

暗くキツめになりがちで、中年以上の大衆が集まるとさわやかでさらっとした集団にはなりません。

だから包む洋服は大らかにふわっとした方が和らぐのです。

性格も単純では済まなくなるので、単純な蛍光色やビビットな色は似合いません。

持っている欠点に似た色は強調になるし、ないものは違和感になるということです。

欠点はカバーするためにふわっとやわらかめにする方がいいし、

ない体力や好奇心は違和感になるので、やわらかく落ち着いた色がいいということは雰囲気を合わせるわけですね?

 

 

おばあさんに合う服は人により個性は違っても共通項もある

高齢になるにつれ体にやさしい素材、吸湿性や放湿性も大事です。

おばあさんには色柄はやさしく生地はソフトな素材がいい

  • 高齢者はやわらい優しい色が似合う
  • 高齢者に似合わない色は濁った色やキツイ配色
  • 体力が落ちるので軽くて動きやすい服がいい
  • ビッグもスリムも動きにくいので適度なゆるみがいい
  • スカートよりは適度な緩めのパンツが安全
  • 硬い布や厚すぎる布も疲れる

ギャバジン、デニムなどはハード過ぎですね?

コートなら羽毛や厚くないシルクなどが楽です。

フリースは部屋着でトップならあり得ますが静電気は起きやすいです。

さわったらふわふわであったかく感じますが放湿性はないです。

肌は弱くなるので木綿やシルクなど天然の方が優しいです。

洗濯して柔らかくなる厚手でない麻も実は合います。

 

おばあさんには洋服のパターンに工夫が必要

洋服のパターン(型紙)は動きやすい工夫や必要です。

体形が少し変わるのでそこに合わせる必要があるのですが商品は追いついていません。

できれば高齢者の体形に理解ある専門家へのオーダーがおすすめです。

デパートのオーダーはとても高いですが、町にはオーダーできるリーズナルな専門家もいるので探してみましょう。

90歳近くまでほぼ姿勢が変わらない人もいますが、少し猫背になったり、腰で角度が傾くおばあさんもいます。

作務衣などやわらかく体形に影響のない服タイプやニット類は着やすいですですよね?

 

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2020 All Rights Reserved.