~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

低身長 ファッション

背が低い人のファッション。姿勢とバランスで高く見える!



背が低くても姿勢をよくしバランスよく見えるコーディネートができれば実際の身長より高く見えますね?

かかとの高い靴を履く必要もなくファッションに合う靴を選ぶのが美しく見えるコツです。

わたしも小柄で、服に合わせてペタンコ靴から5cmのパンプスくらいまで履きますが、2cmから3cmくらいが多いです。

かかとは少しある方が疲れなくて歩きやすいですよね?

背の高さは服選びでかなり違って見られますよ。

身長は実寸ではなく高く見えて見た目がバランスよくきれいであればいいのです。

ここでは小柄でも身長が高く見えるコツをお伝えしますね。

 

低身長の方のファッション。服はどこで買う?

小柄と言っても低身長なだけで肩幅、バスト、ヒップなどは少し小さい程度の方は多いですね?

  • 一般のブランドから小柄も似合うシルエットや着丈から選ぶ
  • 小柄のためのブランドから選ぶ
  • サイズ展開が、XSやSサイズがあるブランドから選ぶ

以上のような選び方ができますが、全体のすべてが細く華奢でなければ、XSサイズとかSサイズとかから選ばなくていいと思います。

一般のブランドから小柄も似合うシルエットやデザインを選ぶ方がおしゃれな服があります。

おしゃれなブランドは、M、Lの2展開やフリーサイズとかでMLの対応している場合が多いのです。

一般的にはM,Lと言ってもブランドにより出来上がりサイズは違うので自分に合いやすいブランドを見つけた方がいいです。

サイズが豊富なブランドはベーシックブランドがほとんどです。

個性もあっておしゃれなブランドでサイズはSからなんてほぼないです。

コムデギャルソンなどは、Sと言ってもそれはM仕上がりで、小柄のためというより細い人用、普通の人用みたいなものです。

 

身長150cmの方もワンピース をおしゃれに着こなせます

ワンピースは小柄の人が着やすいアイテムのひとつです。

モデルさんでもある、益岡つばささんは150cm、紗栄子さんは157cmです。

同じ色や柄でつながっているのでスッキリ見えるから背が高く見えるんですね。

雑誌や舞台では背は高い方が着こなしやすく見映えしますが実生活では高すぎるよりも160cm前後の方が似合いやすいです。

小柄でも意外と着やすいのがワンピースのロング丈なんですね。

雑誌では小柄は普通丈をおすすめしていることが多いですがあれは違う!と思いませんか?

縦に長いロングは背が高く見えるし小柄ゆえに大げさに見えないメリットもあります。

小柄だと、奇抜なデザインの服も派手な色柄も好きで似合えばすんなり着られるというメリットもありますよ。

小柄でも可能な方法、小柄だから活かせる方法を考えればいい、のです。

モデルさんではないのでなんでも似合い着こなせる必要はありません!

七変化もしなくていいし、毎日似たようなファッションでもいいのです。

あなたらしさを表現できてしっくりする着方ができればいいだけ。

弱点の裏は長所でもあるし、難しい問題はセンスアップにもつながります。

センスは自分を知ってそのまま受け入れることがスタートですし、オリジナルな魅力発見にもなりますよ。

145cm~153cmの人もワンピースをおしゃれに着こなせます。

ただ普通のサイズから探す時は着丈は長すぎる場合が多いのですが、150cm前後の方は、着丈:110cmまでですね。

115cmあると、もうネグリジェになりますよ。

足首まであるマキシ丈になってもデザインによってはバランスよく着こなせる服もありますが…

 

小柄な人がすっきり背高に見えるコツ


  • 上着丈は短めがいい
  • チュニック丈は似合わない
  • 上下の色は同じトーンか同色コーデがすっきり高く見える
  • ビッグシルエットは難しい、不可能ではない。
  • ややハイウエストの切り替えは高く見える
  • ウエストマークした着方は身長は高く見える
  • アクセサーはブローチがおすすめ
  • ロングネックレスは似合わない
  • 帽子のつばは大きいのものはさける
  • ヘアスタイルはセミロング程度まで
  • トップはスリム、ボトムはビッグは着やすい
  • トップがビッグ、ボトムはスリムは似合わない

実践していく中で似合うスタイルは決まってくるので基本にして積み重ねていくといいですね。

小柄な方は小柄を愛し生かす工夫を!

『フランス人は服を10着しか持たない』ジェファニ―.L.スコットさんの本はとても素敵です。

人生は日常生活をていねいに質素に豊かに生きる素晴らしさが伝わる本でした。

尚、10着とは、インナーウエアやパジャマを入れず、シーズンで10着程度のこと。

通勤する仕事を持たない生活者で考えてみますと、日本の平均的な気候の地域なら、夏と冬は10着ずつ、春と秋は共通できるものと出来ないものがあるので7着くらいづつで出来そうです。

何が必要なアイテムかは生き方や環境によって違いますね?

フランス人は個々が自分の体形を愛していて、細くスリムなマダムもふっくら丸みのあるマダムもその体系を愛して似合うスタイルをしているそう。

ジムなどは使わず、車があっても階段や歩いて用を片づけたり生活の中で体を鍛えているというのも参考になりました。

人の生活って日常の暮らしの積み重ねですからそれを愛していねいに生きることが素敵なのだと改めて納得しました。

『フランス人は服を10着しか持たない』はコミック版、続編、電子書籍などいろいろありますよ。

 

『フランス人は服を10着しか持たない』は、人生を変えるほどの価値があると思います。

 

-低身長 ファッション

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.