~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。 好きな服や雑貨は毎日の暮らしを豊かに彩ってくれますよね? ファッションデザイナーとして長く働いた経験から役立つ知識もお届けします。

60代からの女性の服装

群言堂の服は?60代以上も着やすい工夫がある

60代からも着やすい型のジャケット

群言堂の服は”暮らす人が着るための服”で機能性が大事にされていて且つ個性的です。

そして主役は普通の大人で都会の若いモデルさんのような人が来て映える服ではないんですね。

松場登美さんの服作りは地方で暮らすご自身が欲しいものを作りたいという発想なのだそう。

ご主人の故郷である石見銀山を大好きになり都会から移住し会社を立ち上げたのです。

暮らしの中からひらめくモノづくりは消費者の目線に近く、欲しいと思っていた!というのが探せます。

服作りに着物の素材や色柄の魅力がデザインにいかされています。

また型紙にも着物のきごこちや機能性を取り入れられていて、50代、60代、70代も着やすい工夫がされていますよ。




群言堂の服ブランドは根々(ねね)と登美の二つ

デザイナーでオーナーでもある、松場登美さんは島根で暮らし服作りされています。

創る側が消費者に近いからわかる、生地、色柄、パターン(型紙)に着やすさが表れています。

60代以上では製図に工夫が必要なのにここができていない洋服は多いのです。

身長、バスト、ヒップが同じでもその年代ならではの体型の変化や特徴がありますからね。

トレーニングしていれば維持できる部分もあるし、抗えない部分もあります。

わたしが群言堂の服に初めて出会ったのは、西宮の阪急デパートでした。

はじめは藍染め風のテキスタイルに惹かれたのですが、もう少し若々しかったら…と思い数年は買いませんでした。

その後、商品数も増え若々しい感じも少しづつ増えてきました。

今では50代からの服かな?と思います。

素材やテキスタイルにオリジナル性があり職人わざが生かさていて、好きだから作りたい、こだわりたい、という気持ちが伝わる服です。

できれば店舗で試着がおすすめ、オリジナルな生地で安くはないので失敗はしたくないですからね。

取扱店舗は全国に比較的多いので近くを探し少し遠くても出かけた方がいいです。

尚、ブローチやネックレスなどはとても現代的な感覚が素敵で大人に合いますし、ネットでもわかりやすいです。

 

群言堂の服は普通のべーシックな服とナチュラル系の間の感覚

群言堂の服は普通の人が着やすいけれど少し個性的でややナチュラル系のテーストです。

普通のベーシックやカジュアルではつまらないし、ナチュラル系になり過ぎるとこぎれいに着こなしにくいです。

群言堂の服は暮らす服で雑誌掲載の都会的なかっちりしたファッションと普段着の中間の服。

つまり現代人の暮らしに合った服で、ハレとケの間の服かな?と思います。

例えば、ナチュラル系のブランドでよく見かけるロング丈のワンピースは、長過ぎる!と思うことが多いです。

遊んでいるわけではないので、動きにくそう、と思いませんか?

また、量感も多くてこんなの着ても機能的じゃない!どこで着るんだろう?と思うのです。

一般的に背の高い人も多いとはいえ、小柄の人は多いのです。

150cmから156cmくらいの人は多く、平均身長はずっと158cmとか言われるのはほんとう?と思うくらいです。

170cm以上の女性もめずらしくないけれど、かといって160cm以上も意外と少ないのです。

なので、ワンピースの115cmなどは、ネグリジェになってしまう人も多いはず。

そんな中で群言堂のワンピースは着丈も量感も普通の人が暮らしの中で着る!ということが考えられています。

  • 背の高いモデル体型しか着られないのでは?
  • 普通過ぎてときめかない!
  • どこで着るんだろう?

という服が多い中で50代以上の人が着たい!と思える服が探せると思います。

糸から考えられたオリジナルな生地が多いのでやや価格が高めです。

60代以上でも似合って着やすくおしゃれなパターンもあります。

  • 自分の暮らしの中で必要な服が欲しい
  • しっくり似合ってときめく服が欲しい…

けれど着心地も犠牲にはできないのが60代からの服選びですからね?

 

藍染め風のワンピースは60代にも似合う量感がいい!

藍染め風OP

 

ネイビー無地は地味になりがちですが、藍濃淡でコントラストの少ないブルーの柄は華やかさもあって人をきれいに見せてくれます。

このワンピースは食パン柄だそうです。

柄のモチーフは単独でみると可愛くも美しくもない方が生地としては素敵になります。

遠目には無地に見えるような控えめなコントラストの配色は着た人を輝かせるのです。

小さな小さなモチーフの花柄などはじっと見ると可愛いくても服として着ると地味になります。

理由は、生地そのものが作品ではなく人が絵なら服はを人を引き立てる額縁の役目だから。

ですがこのような大きくて、何柄なの?と思うような意外な柄の方が着れば華やかなのは不思議ですね?

しかもこれが白X藍のように濃淡がはっきりすると50歳以上ではきれいに見えません。

その生地が主役ではなく、着た人の顔が主役なので、生地そのものが可愛いくても意味がないのです。

主役は服ではなく、あなた、ですから。

あなたを引き立ててくれる色柄であることが重要なポイントです。

 

群言堂。60代の女性の服ブランドとしてもおすすめ!

ミセスや家庭画報に掲載のような服は都会生活でセレブでないと必要ない服が多いですよね?

そんな中で群言堂の、”登美”や”根々”の服は着やすいと思います。

その理由は、

  • 作り手が暮らす人である
  • 60代からの体形の変化に型紙を工夫している
  • 素材、シルエットに着物風着やすさを取り入れている
  • 企画者が消費者と近い環境である

地方に暮らす普通の60代がときめいて欲しい!と思える服作りをされているところです。

若いデザイナーが都会で暮らし大人を想像して作るのはズレが起こるのです。

袖付けのあたりが楽な服がいい、肩が凝らない軽い服で着心地のいい服がいい、などは気づかなかったりするのです。

60代にもなればカッコよく美しくても着て楽でなければ着たくないのです。

といってもおしゃれ心は捨ててはいないのですね。

 

私の群言堂の利用方法は、デパートと通販を使い分ける!

生地からこだわった商品なので安くはないのでオンラインで試着なしでもOKか?吟味します。

デザインは大好き!似合うか?サイズ感はどうか?不安な時は少し遠くてもデパートまで行きます。

デパートでは、ブラウス、スカート、ソフトパンツを買い重宝しています。

群言堂ではよそにはないデザインでピンポイントで欲しいものだけを選びます。

小柄なのでシンプルで無地のノンエイジ感覚は他ブランドの方が探せるから。

ネットでは、パールネックレス、スカーフ、Tシャツなどを買いました。

ネックレスはお気に入り。Tシャツはちょっと違った、スカーフは思ったより色と素材感が少し違った、でした。

失敗したことはありませんが試着したら買わなかった、というのはありました。

 

最後に群言堂のご紹介をしておきます

群言堂は松場登美さんご夫妻の率いる創業30年になる島根県の会社です。

群言堂の服は島根県石見銀山からの地方発信で、全国のデパートや群言堂オンラインショップで販売されています。

50代からの雑誌、ハルメクにもたびたび取り上げられ、島根県で古民家再生などしながら現代人にはあこがれの理想的な暮らし方。

石見銀山のショップも群言堂カフェもいつか行ってみたいと思います。

群言堂の服は”暮らす人が着る服”を強く意識され、ただのファッションブランドと一線を隔しています。

地元の雇用と全国からの移住という、すばらしいことを実践された登美さんは、すごいことを成し遂げられたと思います。

群言堂スタイルの会社が全国の地方に増えると地方で暮らす人も便利だし日本の繁栄につながりますよね?

これからの人の働き方や暮らし方が見直されていますが、理想の形を群言堂は30年前から発信されていたことに驚きました。

オンラインショップ&店舗情報は⇒群言堂

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.