~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

60代からの女性の服装

60代の服はどこで買う?通販では欲しい服を探せる!

ネット通販は、こだわりの好きな服がみつかる!
60代の服はどこで買う?と悩む人が多いのは、年齢や見た目の変化だけじゃないですよね?

着る人自身が今までのシニア世代とは経験もセンスも大きく違うし時代も転換期ですからね。

キャリアブランドも違うけれど、いかにもミセス服という”おばさん服”も違う!んですよね?

ミセスファッションの通販も60代からは若々しい感性でないと欲しくないですよね。

加えて環境も仕事中心のクローゼットだったのが暮らす服中心に変化すると洋服のアイテムから変化するのです。

しかし、ネットを使って広い範囲から探せる恵まれた環境も加わったのは好都合ですよね?

あなたの生活スタイルから必要な服を知って、似合う服がわかればネットで探す方がありますよ!




ネットで服を買う理由は?こだわりの欲しい服が見つかるから♪

田舎に住んでいる、おしゃれな人は服をどこで買うの?

田舎に住んでいる人は服をどこで買うの?ユニクロや無印良品だけなの?と思いませんか?

都会から地方に引っ越したわたしが通販で服を買うようになったのは、近くの店舗に欲しい服がなかったからです。

たぶん、ずっと都会に住んでいたら通販を利用するメリットに気づかったと思います。

通販を利用するようになってわかったのですが、今までよりもさらにピンポイントで好みの服に出会えるのです。

できれば服は試着したいですが…今はネットだから出会えるメリットを活用して慎重に購入しています。

自分の好みも似合うものも、必要な服も知っていれば通販で買うメリットはあります。

遠いところに必要で自分の欲しいものがあっても送ってもらえるから。

しかし、試着できないデメリットもあるので、自分の体型の特徴やサイズを把握して万一の時は返品交換できると安心です。

 

通販は全国規模で探せるから、こだわりの欲しい服が探せる!

婦人服の通販は、 60代からはとても買いやすいと思います。

ミセスファッションの通販の服ブランドは進化しています。

行きつけの専門店のように気をつかわずに探せるのがいいだけでなく服の品ぞろえがおしゃれになっているんですね。

これからの人生はあと4分の1か3分の1の時代、春夏秋冬で言えば晩秋から冬の時代の服です。

だから1枚づつ確実に着るもの、必要なもの、好きなものだけしか買いたくないですよね?

お片付けのプロ、こんまりさんがときめくもの以外は捨てる!と…60歳からの服もときめくものだけしか買わない!と決めるのがおすすめです。

60代になったら自分の出没範囲もはっきりしてきたからこそできることですよね?

多くの方が”ときめく日常着だけでいい!”環境ではないでしょうか?

適当な普段着とは違います、暮らすおしゃれな服です。

日々の暮らしは愛おしい、大切な人とカフェでお茶するのもお仕事と同じくらい大切な時間だとわかったから…

田舎に引っ越して多くの高齢者を知りいなくなっていくのを経験すると、生きて暮らしていること自体が大切だと知りました。

だから、適当な着られる服は要らないのです、ときめく服で暮らしたいから!

おうち服も人に会わなくても自分に対してこぎれいにしていたいですよね?そういう服はネットだから探せるし、見つかることも少なくないです。




60代の服はどこで買う?ZUTTO、スタイルストア、ウタオ

今の60代は従来のおばさん感覚の服は要らないですね?

  • 年齢を問わないエイジレスな服⇒ZUTTO…、定番風でも時代の雰囲気もおしゃれ感もあるこだわりの服。
  • 新しい風を含み心が華やぐベーシック⇒ウタオ…センスある普通感覚の服で着やすいけれどおしゃれ

従来のシニア向けベーシックでは時代に合っていません。

好みはエイジレスか?新しいベーシックか?どちらかに分かれるのではないでしょうか?

 

ZUTTOとスタイルストア。おばさん服が嫌いなあなたにおすすめ

ZUTTOは"ずっと愛着をもって使い続けられる”物語のある定番♪

ZUTTOは、"ずっと愛着をもって使い続けられるモノと出会いたい"そしてそれを”共有したい”というこだわりのセレクトショップです。

30代からの大人に似合ってずっと着られるエイジレスな服が多いです。

ゆるさときれい感がある定番風だからこそずっと着られる服です。

60代からは流行を追いかけるのではなく”自分にとっての心地よさ”を大事にしたいですから長く着られることは大事です。

すると、デザインも色もサイズ上がりも着心地よさも吟味すると”おしゃれな定番”に落ち着くのです。

だから、ZUTTOです。

 

ZUTTOの服たち

 

ZUTTOはこんなものさしで商品選びをされているのです。

ずっと長く使える 飽きの来ないデザイン
ずっと愛着のもてる ステキな背景・コンセプト
ずっと元気でいられる 安心できる素材や成分
ずっと使いたいと感じる 実用性、長期使用への工夫
ずっとそばにと思える 楽しさ、幸せ感

確かな技術でこだわって作られた定番だからこその上質感があります。

今の時代のナチュラル要素も含んでいるから60代からも着やすい!のです。

ZUTTOはこだわり抜いた定番風でおしゃれなのです。

スリム服時代は、若いか?そうでないか?で、デザインは定番でも型紙はかなり違いがあります。

ですがZUTTOはデザインもパターンも違いはなく幅広い年代で同じ服が着られるのです。

60代も70代も80代も高齢者もどこで買う?と迷わなくて済みます。

姿勢がよければ60代も70代も同じ服が似合います。

80代になっても同じ服が着られ場合もあるし、やせたり肩や背中が少し丸くなると服も変わりますね。

ZUTTOは色展開がベーシックだけではないブランドごとの違いがあるのも魅力です。

ベーシックな色が好きでもたまには違う華やかな色も着たいですよね?

おばあさんの年齢になったらといっておばあさんの服を着なくてもいいのです。

何歳でも着られるエイジレスな服を着た方が若々しいおばあさんになります。

何歳に見えるかではなく、80歳だと思うけれど若々しい!という雰囲気が素敵だと思うんですね。

ZUTTOは、60歳を過ぎてもおばさん服が嫌いなあなたに似合う服がありますよ♪

詳細な紹介ページは、こちら

公式サイトは⇒ZUTTO

 

スタイルストアは年齢を問わないエイジレスファッション

stylestoreは幅広い年代に似合います。

服そのものに年齢のない大人のナチュラル系のおしゃれな日常カジュアルな服です。

スタイルストア はこちらでご紹介しています。

 

UTAO(ウタオ)は、おしゃれなベーシックが好きな方に似合う

婦人服の通販で60代におすすめなのは、UTAO(ウタオ)です。

60代の服といってもデパートにあるのは『よそ行き着』過ぎて今の暮らしにしっくりこない。

かといってスーパーや商店街の服は地味なおばさん過ぎて着たくないし、変わった服が着たいのでもない、というあなたにウタオは着やすいと思います。

Utaoは、ナチュラル系コンサバなので今の雰囲気も控えめに取り入れたベーシックです。

詳細な紹介は⇒Utao(ウタオ)

 

※ウタオの服の取り扱いは、

楽天市場 に行き検索窓に、utao と入力するとあります。

または、
Rakuten Fashion ⇒に行き、左の探すメニューの、ブランドから探す⇒Utaoの順にクリックするとありますよ。

かなり下にスクロールしないと、Uにいかないですよ、ABC順ですから。

 

普通の服をプチプラで買いたい時は

60代の服でプチプラならベルーナやニッセンで買える

プチプラなら「Belluna」や「ニッセン」にもありますね。

服は質の良いものがいいのですが、流行おくれの高いものより似合うものが選べたら今風のプチプラの方がおしゃれになります。

ベルーナ⇒ に行って、欲しいものを検索窓に入れて検索すると探せます。

またはベルーナに行ってカテゴリーやブランド名などから検索することも出来ます。

ニッセン 楽天市場店⇒にもありますね。

京都通販 ミセスのファッション館⇒にもあります。

どちらもプチプラなのでこんな感じが自分に合う!というのを見つけるのにいいですね?

若々しい服もあれば、お母さまへのプレゼントにいいくらいの服まで幅広いです。コツは服だけ見て高齢に見えるのは選ばないこと!

 

ドゥクラッセはじっくり探すとお得な定番が買える

プチプラ~普通価格の間なのが『ドゥクラッセ』です。

 

LOCOMALL(ロコンド公式ストア)に行ってサイト内の右にある、サイト内検索窓に『ドゥクラッセ』と入れるとありますね。

『ドゥクラッセ』はシンプルで若々しい服も多いです。

ドゥクラッセはプチプラと普通の間の価格帯です。見慣れると探しやすくなります。

60代からは妥協はしない、”自分に必要で好きな服は決まっているから、”という姿勢で探すと通販でも失敗しません。

通販で買う場合も、そのサイトを何度も見て見慣れる方がわかりやすくなりますよ。

近くの商店街やイオンなどで買う場合もその品ぞろえに慣れていないとじょうずに選べませんよね?

 

福田栄華さんのコーディネートはわかりやすい!

テレビでスタイリストの福田栄華さんが着こなし例を見せていました。

ややセレブっぽい主婦の方は、子供っぽいのか老けているのかわからない刺繍やデザインの高そうな服ばかりでした。

デパートや専門店で買うのでしょう。

その方をプチプラの今の雰囲気の服でコーディネートしたらずっと若く素敵になったのです。

その時、時代遅れの高い服よりも似合えば今のプチプラの方がいいんだ!と実感しました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふだんの服で大人のおしゃれ プチプラを上手に取り入れて [ 福田栄華 ]pうちぷらの
価格:1430円(税込、送料無料) (2021/3/17時点)

楽天で購入

 

 

 

60代、着心地のいい日常着、個性もあって着やすい服

アトリエきなこは着心地にこだわる

会社は愛媛県。

アイテムもデザイン点数も少ないのですが機能的な着心地のよい日常着があります。

素材は全部ガーゼ素材です。

オーナーが小柄のせいか小柄な方も着やすい服が見つかります。

価格も高すぎず企業努力されていると感じますね。

40才くらいのアナウンサーの方が、アトリエきなこの服と思われるワンピースを着ていました。

デザインによりますが40代でも60代でも同じワンピースでも似合う、と思いました。

しかし、お出かけ着ではなくお家や普段に着る服が多いです。

単品で他ブランドとコーディネートすればお出かけ着になるものもありますね。

アトリエきなこのご紹介ページもご覧ください。

こちらも関連記事
アトリエきなこはナチュラル系普通服
アトリエきなこの通販は?着心地を追求した大人女性の普段着がいい!

アトリエきなこの服はこだわり抜いた着心地いいガーゼ服ブランドが主で、カットソーも少しあります。 アトリエきなこの服は、ときめく普段着♪ですね。 ぱっと見にはデザインは似たものばかりにに見えるほど定番風 ...

続きを見る

 

群言堂は暮らす人のおしゃれと着やすさを追求した服

会社は島根県。

オーナーが団塊の世代で消費者からのスタートなので、消費者目線での柄やパターン、デザインに工夫があります。

企画やデザインは消費者の立場で提案してもパターンを引くのは専門職の人ですから服としては安心できます。

会社が地方の島根県で田舎にあるのも実生活で高齢者を見ている効果が出ていると思います。

若作りになり過ぎず、おしゃれで特別な人しか着られない服でもなくちょうどいい感じです。

群言堂は普通の人がちょっとおしゃれしたい着やすいお出かけ着が探せます。

私的にはもう少しノンエイジ感覚の服があったら、と思いますが。

群言堂の服は通販もあるし、全国規模でデパートでも扱っています。

群言堂ご紹介記事もごらんくださいね。

合わせて読む
60代からも着やすい型のジャケット
群言堂の服は?60代以上も着やすい工夫がある

群言堂の服は”暮らす人が着るための服”で機能性が大事にされていて且つ個性的です。 そして主役は普通の大人で都会の若いモデルさんのような人が来て映える服ではないんですね。 松場登美さんの服作りは地方で暮 ...

続きを見る

 

見て似合いそう?着て似合う!は違うんですよね?

それでも通販で失敗せずに買えるのは、今の服のテイストも関係しています。

サイズも形もきっちりではなく、やや余裕のあるデザインだからです。

平面でわかるのは顔映りと雰囲気だけ、立体ではサイズ感や機能性もわかるからです。

平面とは服を体にあてて鏡を見るだけなので色が似合うか?雰囲気が合うか?をチェックできます。

試着すると、サイズが合うか?着心地はいいか?体を動かす動作がしやすいか?がわかります。

試着なしでこの全部をチェックするには、自分と服をよく知って慣れること。

私の場合は、ピンポイントでほしい服、似合いそうな服はわかるのでオンラインサイトで探すのです。

本当は試着したいです。ですが毎回新幹線で、買い慣れていた神戸や梅田には行けません。

新幹線代でほしいワンピースが買えます。それってムダですよね?なので小旅行や友達に会いに行くことを主にしてついでに寄る感じで行くこともあります。

または、買い物主体で日帰りできる街まで買いに行きます。




幅広い年代に対応できる服は、シンプルでも雰囲気がある

60代以上は、若作りではない、シンプルで着た人に寄り添う服がいいと思います。

かっちり決まっている定番のベーシックな服はだれからも受け入れられるきちんと感のある服があります。

しかし、選ぶものによっては地味なおばあさんのような服もあります。

無理におばあさんのような服を着る意味はありませんよね?服だけで年齢がわかる服は魅力がありません。

シンプルな服は60才が着ても、70歳が着ても80才が着ても着る人に寄り添い違和感がないのです。

高齢者の服はどこで買う?と思わなくても60代で買うところが見つかればこの先もずっと買えますよ。

地味なおばあさんの柄の服は一生必要ありません!!

地味なくすんだ色の無地も必要ありません!色白で特別肌が美しい方は好きな色で何でも似合うと思いますが例外です。

紬の着物や作務衣は形は同じでも全年齢に対応できるように…

自分に似合う、雰囲気のあるシンプルな服をみつけるといいですよ。

そういう服はスカーフやアクセサリーやコーディネートするもので変化しますから重宝です。

60代から購入する服は、70代も80代も着られるはず?と思っています。

母の生活を見ていても80才になったら、地味なおばあさんみたいな服が似合うわけではないことはよくわかったし。

60代でこれ買ったの?地味すぎ、の方が多かったです。

センスが良く自分のことを把握している人でしたがそれでも田舎で暮らす普通の人なので地味すぎでした。

服を買うお店が限られるのでその中から買っていたからだと思います。

街のオーダー屋さんで作ってもらった服はセンスもパターンもよくてびっくりしました。

手作りする人や街のオーダー屋さんが増えてほしいなあ、と思います。

デパートのオーダー部門も少なくなっているし高価過ぎて一般的ではありませんしね。

軽く着心地のいい服を作れるオーダーや手作り服はいいですよ。




 

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.