~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

60代からの女性の服装

60代からの服の色や服装は?今後ずっと着られるので質のよいものを!

 

60代から買う服は‥

60代からの服はあなたのTPOで必要な服なアイテムを知ることが大切です。

お仕事を辞めた場合は明らかに必要な服が変わるときですよね。

あらゆるシチュエーションの服は必要なく、あなたが出没する場所で着る服だけあればいいのです。

好みのテーストも似合う服も決まってくる時ですから断捨離し、質の良い似合うものだけを必要な数だけに絞るのがおすすめ!

そうするとコーディネートも服の管理も楽です。

加齢対策には服自体の質やセンスで美しさも補ってこぎれいなおしゃれをしたいですね!

それは服から元気をもらい若さを維持できるきっかけにもなりますから♪




おしゃれは若い人の特権ではなく、60才からもずっと現役!

おしゃれは若い人の特権ではなく、60才からもずっと現役!です。

”60代は女盛り、高齢者意識は80歳過ぎてから”というのは、某デパートのいつまでも若々しい70代のスタイリストさんのことば。

60歳を80歳の人から見ると、まだまだ若いってわかるのですね?

黒柳徹子さんは60歳になった薬師丸ひろこさんに、”60歳なんて恋も結婚もどうとでもなりますよ!”と。

60歳になった本人からすれば、もう恋なんて年じゃない、と思うのに80代の徹子さんから見ればまだまだ若い!とわかるんですね?

いつでも”今が一番若い!”と思って日々を重ねていきたいですね。

 

60代は服装も転換期、私の場合

いろいろな理由で60代になると今まで着てきた服が似合わなくなる転換期に入ると思うんですね。

年齢的にも見た目が変わるし、仕事を辞めたり都会から地方に引っ越したりという環境が変化する場合もあるし。

どう変えていくかは人それぞれですが共通点もありますね。

服はTPOが基準です。私の場合は都会での仕事を辞め、地方へ引っ越したので大半は着ない服になりました。

仕事柄黒が多くモード系だったので環境も変わるし気持ちともズレてきたり。

コムデギャルソンは少しハード過ぎ、シビラはスリム過ぎて少し違う…と感じるようになったのです。

若い時と60代では体重や3サイズが同じでも筋肉はダウンしているので同じサイズ感では似合いません、太っていないだけ。

そういうわけで年齢と環境変化の両方から根本的に見直さざるを得なくなりました。

 

通勤服&仕事服中心から上質な日常服へシフト

ヨーガンレール、45RPM、エヴァムエヴァなどを試しならが落ちついたのは、特定のブランドではありません。

ナチュラル系の中からピンポイントで自分好みを探したり、こだわりの定番から見つけたりします。

ナチュラル系といってもモノトーンばかり着るのは避けたいです。

白やオフは着てもグレー系や黒は避けたいです。

こだわりの定番から選ぶのは、いつの時代に見ても古くならない要素があるから…文学でいうと古典のように…

TUCHIEのブラウス

わたしは仕事を辞め地方にひっこしたのでネット通販の利用が多くなりました。

試着しないと迷うものは、ネットで探しても店舗に行き試着して買うこともあります。

着なくてもわかりやすい服タイプもあるし、着ないとわかりにくい服もありますよね?

Tシャツやセーターは着なくてもわかりやすいし似合う色もわかっていればネットでも買えます。

基本色も黒から藍やネイビー系に変えました。

今は基本が藍でオレンジ系やオフ、あずき色などもよく着ます。

似合わなくなったコムデギャルソンもデザインをリフォームしています。分量の多いサルエルパンツが似合わなくなったのでスカートに直したり。

樹木希林さんはリフォームして最後まで着つくすのがお好きだと知って見習ったのです。

裾始末やポケット口に色糸でステッチ刺繍を入れたらちょうどいいカジュアルスカートになりました。

洋服のリフォームって案外達成感があるんですよ。黒はデザイン的にもアレンジがしやすいです。今は手作り風アクセントを加えた服もなかなかいいな、と思えるのです。

骨格診断では、ストレート、ウェーブ、ナチュラルの、ウェーブタイプなので手作りがしやすいです。

ウェーブタイプは、手作りならではのやわらかさや可愛らしさは似合いやすいので。

もっと年をとったら藍やオフ色で可愛い衿のブラウスやおもしろいアップリケの服も作ってみたいです。

ダーニングのやり方で繕うおもしろい楽しい服です。




60代で似合う服は?70代も似合うし…ずっと役立つ!

60歳も過ぎれば自分の定番スタイルがわかって服を買うのでこの先もずっと着られます。

60代、70代、80代とだんだん地味にしていく必要もありません。

ただ、着やすさ、軽さ、やわらかい雰囲気などはとても重要視しておくのがいいと思います。

年齢を増しても似合う雰囲気は同じだけれど筋肉が落ちるので…少ない枚数でも暖かい着方ができることは大事です。

機能的なことは大きいのです。分量はスリムもゆとりあり過ぎも機能的でないのですね。母を見ているとわかりやすいです。

若いファッションに比べ流行も60代に入ればかなり緩やかです。

 

60代に似合う服は、色も柄も大事。だから妥協しない!

60歳過ぎたら服のアイテムは絞って必要枚数だけでいいので、あなたに似合う好きな色や柄を妥協せずに選びましょう!

そして選んだ好きな服は着倒しましょう!

ウタオのニット

60歳過ぎると自分もわかってくるし好みもさらにはっきりしてきますね。

自分の行動範囲も決まってきます。

例えば、お家での普段着、ウォーキングの服、家族や友達と近くのカフェランチ、趣味の教室に通う服、年に数回行く旅行着、など。

似合う色も変わり目ですし今後選ぶ服は思うよりも着られます。

それでも時代の影響もあるので少しは買い足したいですね。

テレビで毒蝮さんが何十年も昔のカシミヤのジャケットは縫いも生地もいいのでお直しして今も着られる!と言ってました。

ファストファッションでおしゃれに決め使い捨てるのは若い人向きです。

60代からは上質で体に優しい自分らしい日常着を軸にするのがいいと思います。

永遠に生きられないと実感できる今だから着る服は快適で好きな服だけにしたいと思いませんか?

時代もサステナビリティやエシカル消費が求められていますから大切に長く着られる服がいいですね。

着る頻度が多いものは消耗したりくたびれたりするので数年で買い替えることになりますが。

これはこれで微妙に時代の流行が加味されたシンプルな服を買えるチャンスだし。

なので服は色もデザインもほんとに似合うのをじっくり選ぶのがおすすめです。

60代からの服の枚数は少なくていいので上質を品よく心地よく暮らしたいですね?

ハレの日よりも日常が大切だとわかる年齢だからこそ上質でセンスいいものを着たいですね?




60代からの服装計画で注意すべきこと

  • 60代は服を着るシチュエーションが変化する
  • 60代からは体の変化により色もパターンも変わる
  • 色は優しい浮かない明るめがいい!
  • 60代から買った服は、70代も80代も似合う
  • 着ごこちよく楽で質の良い軽い素材がいい!
  • 服のパターンは年齢に合わせた機能性が必要

母は65歳から買った服はあまりないと言っていました。

買い足すのはコートや下着、セーターやカットソーくらいで以前に買ったものがずっと着られたのです。

つまり、肩、背、腰が曲がらなければずっと同じ服が着られるということ。

  • 年齢からくる似合う、に関してはもうあまり変わらない
  • 70歳と85才は見た目は違いますが似合う服は意外と変わりません

20歳、30歳、40歳の服は違います、でも70歳と80歳の服は姿勢がよければあまり変わらないのです。

90歳になったらすごいおばあさんの服にしなくていいのです。

65歳の時に似合った服を80歳で着ると、若々しい80才で若づくりの無理した感じにはなりません。

変わる人は体重が増減したり背中や腰が曲がる場合です。

体重を管理できることは健康管理でもあるので、食べ方や体を動かすことが大事ですね?

そうすれば60代に入って買った自分らしい上質な服はずっと着られるのです。

 

60代の服選びは、顔がスッキリ見える色、楽、こぎれい感!

60歳も過ぎれば肌に透明感がなくシミも多少あって当たり前。だからこそ顔をすっきり見せる色柄でないとね?

動作も俊敏さもないので布やデザインが足でまといにならないように大きさやシルエットが機能的でこじんまりした方が安全です。

そして素材の質や品のよさが醸しだすこぎれい感でカバーしたいもの。



既製服はニーズとズレたおばあさんの服であふれている!

ウタオは60代のためのナチュラル系コンサバなブランドです。

いわゆる、時代にあったベーシックな服ブランド。

今までの普通の服とこれからの普通の服は着る側が変化しているのに提供される服はたいして変わらないままだったのです。

ウタオのシャツ

20代から50代くらいまでは欲しい服はデパートやセレクトショップにあると思うんですね。

ですが60代からは少ないし、70才から80代にかけての人って欲しいものがない、のではないでしょうか?

わたしはファッションデザイナーでしたのでその視点で見ますと、

    • きれいな色の無地が少ない!
    • 柄や配色がきれいじゃない!
    • デザインが古くて魅力がない!
    • パターンの細部が高齢者の体に合っていない!

だからわたしはブランドではなく、ピンポイントでおしゃれな服をあちこちから探して1点づ買います。

一個見つかるとそのブランドでは他にも見つかるので主なるブランドが3っつ程、あとは楽しんでどこからでも探す感じです。

下着もカットソーやセーターも木綿や麻、シルク、ウールなどの自然素材で且つ肌触りが良くて軽くないとね?

ウールでもチクチクするようなのはダメです。

顔はシミも増えるので色も今までよりも60代の服の色は大事です。

服の色柄やパターンのよさで少し引き上げてほしいのに、さらに老ける服ばかり。

若い人よりも服にお金はかけられるし需要もあるのに企業は力を入れていないのか正しいリサーチができていません。




60代からの服が地味すぎでパターンもダメな理由は?

  • デザイナーが若いので60代以上はおばあさんだと思い過ぎている
  • デザイナーは都会の一人暮らしが多いので実生活で高齢者の生活を知らない
  • デザイナーが若いので高齢者の体の変化を把握できていない

逆に80代から見たら60代なんてまだまだ若いとわかるのですけどね。

結果、60代の人が望むより地味すぎる魅力のない服を作ってしまうのです。

バイヤーに60代や70代の素敵な女性がいれば仕入れてもらえないからわかるでしょうが、ここにも若い人が多すぎたり男性だったりするんですね。

高齢になればパターンにゆとりがあればいいのではなく、首回りや脇下とかに余裕が欲しかったりなのですが。

自分の肩と合わなかったりバストトップは同じでも、アンダーバストや体全体に贅肉がついていたりするんですね。

なので若い時と体重は同じでも細部の寸法は違うのでパターンも同じではダメなのです。

体力も落ちるから軽い素材がよかったり、腕を動かしやすいパターンにして欲しいのですけどね。

つまり、感覚的には地味すぎて素材やパターンには工夫がされていない、センスもない着心地の悪い服になっているのです。

解決方法の一つに”街のオーダーやさん”があるのですが減っているのは残念です。

母が街のオーダー屋さんで作ってもらったブラウスがパターンがとてもよくて、失礼ながら”田舎街のオーダー屋さんってこんなに腕がいいの?”と感動しました。

もっとオーダーしたらいいのに?といったのですが、生地やさんがなくなったし、オーダー屋さんもやめていったとのこと。

オーダー服を着ている人は”既製服はしんどくて着られない”といいます。

あとは”ネットでこだわりのお気に入りのブランド”を探すことですね。

こちらも関連記事⇒60代~も似合う色は?




-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.