~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

60代からの女性の服装

60代からのワンピース。似合うポイントは?


70代後半の方も似合いますね?

 

ワンピースは最も女性らしいアイテムです。

単品でアクセサリーだけで決まるデザインもあるし

シンプルな形なら、ボレロ、カーデガン、ジャケットなどコーディネートも簡単です。

着て楽でおしゃれな、60代からのワンピースの着こなしのヒントをお伝えします。

あなたに似合うワンピースを見つけるヒントになればうれしいです。




60代~ワンピースを着こなすために注意すること!

素材と色。 顔映りのいい色。適度な厚み。軽い素材を選ぶ

生地は薄すぎも硬く地厚い生地も高齢者には合いません。

薄い素材はのは体のラインを広い過ぎるのです。

年齢とともに筋肉は下降するので、メリハリのかける体のラインは拾ってほしくないですよね?

60代に似合う色

色に関しては、自然なオフホワイトや生成り系ピンク、藤色などの淡い優しい色。

落ち着いた黄緑、緑を含んだブルー、ラベンダーなどの中間色。

藍、小豆色、青を含んだ緑などの深く濃い色も似合いやすいです。

そして高齢になるほど肌は弱くなるので天然素材が健康にもいいです。

天然素材の方が吸湿性、放湿性もいいの快適なのです。

オーガニックコットン、麻、ウール、絹など。

体力も落ちるので重い服は肩が凝りますから軽さも重要です。

 

中高年の服は首回りとアームホール、上腕あたりを注意!

まず、年齢で気を付けるべき服のこだわる箇所は首とアームホール。

衿なしの首ぐりは小さく開けるのは、60代にもなれば共通する気を付けるべきことです。

首はシワが増えたりたるんだりは仕方のないことなので隠した方がきれいに見えますね。

しかし個人差はあって、どこに年齢が出やすいか?は人それぞれな場合もあります。

例えば、料理研究家の栗原はるみさんは首からデコルテ部分が美しいです、72歳とは思えません。

広い開きのカットソーを着られていることが多いですね。

これはストレッチとかだけでなく生まれ持った体質かもしれません。

アームホールとは腕の付け根ですね、どちらも年齢が上がると大きくなります。

なので痩せていても首、アームホール、上腕あたりは広めでないときついのです。

 

ワンピースが似合わない理由は?シルエットと着丈が要

あなたはワンピースが似合わないと思っていませんか?

ワンピースが似合わない場合はシルエットと着丈を間違っているのです。

自分に似合うシルエットを見つけ着丈が適正ならどなたも似合いますよ。

ワンピースのシルエットは最重要で自分の骨格に合うものを!

シルエットは、Iライン、Aライン、Xラインが基本。

近年はコクーンも人気で、大人も着やすいです。

 

ストレートの方は、Iラインが似合いやすいですが裾さばきが悪くなるので工夫が必要です。

適度なゆとりや控えめなスリットを入れる、IラインとAラインの中間にするとか。

骨格診断でウェーブの方は変形コクーンがおすすめ。

元々似合いやすいXラインは控えめな分量にするとか。

骨格がナチュラルの方はAラインが似合いますが裾幅は控えめにしたり、着丈は少し長めの方が合います。

若い時はひざ下くらいのAラインもきれいなのですがふくらはぎよりも下の方が似合います。

高齢になるとウエストはくびれていないし、ヒップも締まっていないので体にフィットした服も避けた方がいいいですね。

60代以上だと体重は同じでも、バスト、ウエスト、ヒップともメリハリは少なく筋肉は締まっていないですから。

すると似合うシルエットも限られます。

身幅はきついのは動きにくいですが、広すぎるのも機能的でなくなるんですね。

 

ワンピースの着丈はとても重要。似合うポイントでもある!

ワンピース丈はひざ下程度の丈は高齢になると短い!です。

短いと足が露出し過ぎになるし、長過ぎは裾さばきが悪く機能的でないです。

ワンピース丈は、100cm~110cmくらいだと小柄な方は長めに背高さんは短めに着てコーデを変えればいいので着こなしやすいです。

115c以上だと丈詰めが必要になりますね。

足首までのマキシ丈は60代、70代になっても体力のある方は大丈夫な場合もあり個人差も大きいです。

着物はマキシ丈ですが小柄も背高さんも似合いますよね?やせていても太目の方でも…

着物はある意味、ワンピースです。

なので若くても高齢でもロング丈は可能なのですが足さばきの機能性を考えると分量は関係しますね。

ビッグシルエットのロング丈のワンピースも日常生活では機能的ではないです。

見た目も小柄は全く似合わないし背の高い人も布ばかりが目立ってだらっと見えます。

大きな布をふわっと着ているのは身のこなしも機能的でなく雑誌やサイトできれいでも実用的でないなあと思います。

 

ナチュラル系ではエイジレス感覚な服を選ぶ。楽で若々しい!

60代~ワンピースのナチュラル系を着こなすコツは?

ナチュラル系ワンピースは若い人の方が似合いやすいですね。

肌がきれいで体型が引き締まっているので、くすんだ色やゆるっとしたシルエットも美しいですから。

中高年の人がナチュラル系のワンピースを着こなすには素材はきれいめ感がないと貧弱になりやすいです。

きれいに見えやすいのは高級感ある素材や光沢があったりきれいな色など。

中高年のナチュラル系ファッションは、素材や色選びが重要なのです。

深みのある落ち着いたきれいな色、淡くても浮かない明るめの色、顔映りのいい配色の柄を見極めるなどですね。

ナチュラル系の素材は着心地はいいので、藍とか小豆色とか深くきれいめな色や淡い生成りに近いピンクやサックスなどを選ぶといいですね。

他にも緑系や青緑などもきれいな色で似合いやすいです。

 

中高年がナチュラル系ショップから選ぶメリットもありますよ♪

 

今のナチュラル系のファッションは、

  • ベーシック系、コンサバ系の要素が濃いものも多い
  • 型紙が肩が落ちていてアームホールや上腕当たりが楽なシルエットが多い
  • ネイビー系、モノトーン系、自然カラーだけでなく、きれいな色もある

ブランドによってシックな色が多い中アクセントのようにきれいな色も扱っているんですね。

かなりきれいめのブルー、青緑、オレンジ、赤、あずき色などもあるのです。特にさし色として。

カラー展開は従来のナチュラル系とは変化してしますね。

多くの方に顔映りのいい、オフや藍の扱いも多いです。

まとめると、シルエットも色も素材もきれいめ!を選ぶのがおすすめ!

 

小柄中肉、骨格診断ウエーブの私の場合の解決方法

わたしは小柄のウエーブ体型なのでXラインが一番似合っていましたが今は違います。

筋肉が下がってくるし長くウエストインするコーデもしないのでウエストも太くなっています。

だからといってIラインやAラインもポイントがなくて締まらないのです。

で、見つけたのは、Xラインとコクーンのミックスです。

スカート部分の分量はIラインよりは多く、Aラインよりは少なく、ウエストはややハイウエストにして少しだけ絞ると変形コクーンになるわけ。

これだと、身長は実寸よりも高く見えるしシルエットも雰囲気があって締まるのです。

コットンパールのネックレスやカラフルなブローチ、スカーフなどでしっかりワンポイントでさらに引き締めて完成。

角野栄子さんは赤いダンスコの靴を合わされていましたので、わたしはカラフルな靴下をコーデしたりです。

あなたはいかがですか?

あなたならではの個性を見定めどこにこだわるのがいいかを見つけると似合うワンピースが決まりますよ。

-60代からの女性の服装
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.