~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

パジャマ

パジャマのおすすめは?機能性が最優先であるべき理由。

熟睡すると起きた時すっきり!

パジャマを選ぶとき重要なことは、素材、デザイン、サイズ感です。

素材で肌触りの心地よさが違うし、吸湿性や放湿性がよくないと冬は寝汗が肌にたまったりして冷えます。

夏なら汗でべた付き気持ち悪く暑いです。

衿のありなしで涼しさや暖かさが違い、袖付けや厚みで動きやすさが変わります。

パジャマ のサイズ感はとても重要で涼しさや暖かさも解放感も左右されるのです。

適度にゆったりがよく体にぴったりも大きすぎも暑くて寒いのです。




パジャマは体が解放され熟睡できることが最も大事なこと

パジャマ選びで注意すべき大事なことは?

  • 素材そのもの
  • デザイン、つまり形
  • パジャマのサイズ感

プラス、顔映りもいい色の方が見た目もいいですよね?

着心地のよさは素材とデザインで決まりますが、結果的にはある程度価格は高い方がいいです。

ですが、安くても質がいいものも時には出会いますからその時はお買い得ですね?

また、無意味にデザイン過剰は着心地が悪くなります。

 

素材は天然の、綿、麻、絹がいい!

眠っているときの快適さは、起きているときの仕事や学びに影響があるしひいては健康の元でもあります。

そこを考えると、寝ているときにはコップ一杯の汗をかくといわれますから吸湿性がよく放湿性がいいことが条件です。

汗を吸い取りすばやく外に放湿しないと肌に水滴となってたまり冷えますし熟睡できませんね?

それを考えると綿、麻、絹です。綿でもオーガニックコットンはさらに肌に心地いいです

またパジャマの下の肌着も綿、麻、絹がいいのです。

やってみたらわかるのですが、綿、麻、絹の肌着の上にポリエステル素材である、フリースを重ねると汗は放湿できません。

 

パジャマのデザインは夏と冬で基本がある

デザインは、冬なら襟付きがいいし、夏なら襟なしがいいです。

冬は解放感はありつつ温かい素材や適度な地厚さが必要ですが、夏は涼しくても冷えない程度がいいですね。

ガーゼ素材でも冬なら3重ガーゼでふんわりしていると暖かいです。

夏は少し強い寄りで涼しさがある蚊帳ガーゼやTシャツ素材の天竺が快適です。

パジャマのおすすめ素材は原料は通年同じでも厚みや織り方で夏用と冬用に違いがあります。

同じ綿でも粗く織ったり、何重にも重ねて空気を含ませたりで変化します。

 

パジャマにもおしゃれは必要!気持ちがアップするから♪

ひとり暮らしでも自分に似合うきれいなパジャマの方がうれしいし気分になりますよね?

こんな何気ない日常の積み重ねは生きる力にもなるから大事です。

家族がいる場合もきれいないい感じの方がなんとなく気分いいですよね?

 

色は好みでいいけれど、見た目と洗濯に関係がある

パジャマといっても着たらすぐ寝るとは限らないし、見た目もきれいな方がうれしいですよね?

だから顔映りはきれいな方がいいので自分に似合う色がおすすめです。

顔が明るく健康に見える色を選びましょう。

一般的に白やオフ、淡いピンクやクリーム、サックス、ラベンダーはきれいです。

赤やネイビーもきれいですがお洗濯するときに下着が白系が多い場合は一緒に洗えないのでめんどうです。

それに赤は興奮する色でもあるし元気色ですので癒される優しい色がおすすめ!

また、毛布の毛羽がついたりするのでシーツ、毛布、パジャマ関係は淡い色で統一した方が管理が楽です。

 

旅行には数日着られて軽いものがいい!場合もある

国内の旅行ではホテルや旅館のパジャマを利用した方が荷物が少なくて楽です。

海外だとパジャマを持っていきますが綿だと2日目は着たくないですよね?

その点、ポリエステルの薄手で部屋着風のシンプルなデザインにしておくと数日着られて便利です。

この際、いちばんの機能性は少し妥協して見た目や便利さも加味した選択肢で旅行先が暑い国や夏でない場合です。

汗を吸っていないし、見た目もパジャマっぽくなくて軽くてかさばりません。

シルクパジャマのような感じの厚さのポリエステルがいいです。

インナーウエアは必ず、綿、麻、シルクですよ。

厚い国なら綿のTシャツタイプがいいですね?

 

パジャマのお洗濯に柔軟剤はダメ!

パジャマも下着もお洗濯に柔軟剤は使わないこと!

軟剤は吸湿性が大幅に悪くなります。

タオルやバスローブ、パジャマや下着も柔軟剤はダメ!

柔軟剤は薬剤ですから使わない方がいいし、肌触りが柔らかいだけで吸湿性が悪ければ意味がないですよね?

やわらかい肌触りでなければダメな体質の方はシルクやオーガニックコットンがおすすめ!

竹布もいいのですが価格はシルクと変わりません。

柔軟剤が必要に感じる方は素材から考え直しましょう。

又は体を洗うときに垢すりなどポリエステルの体洗いはやめましょう!

やわらかい日本手ぬぐいや麻、シルクの体洗いがいいです。

 

パジャマは質はいいものが快適!

値段に関係なく質のいいものがいいです、結果としては高い方がいい場合が多いです。

高価なものはパターンもデザインも研究されていることが多いのです。

眠っている時間は1日の3分の一もありますからパジャマにもこだわりたいですよね?

あなたもどんなパジャマが好きで似合って快適なのか?考えてみませんか?

アウターと同じように真剣に選んでみてくださいね!

きっと何かが変わりますよ♪

 

-パジャマ
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.