~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ!

デザイナー視点でお届けする、ナチュラルファッションで大人に似合う素敵な日常カジュアルや雑貨情報blogです。

おばあちゃんの服、80代~

おばあちゃんの服はどこで買う?服だけでおばあさん服とわかるのはダメ!

おばあちゃんの服

おばあちゃんの服はどこで買う?60代や70代の服とどこが違うの?

おばあちゃんとは80歳前後からですよね?

感覚的には70代と変わらない人もいるし、可愛い服も似合うようになる人もいます。

おばあちゃんならではの可愛らしさのある人は衿がフラットな丸い衿などの少女っぽい服も似合います。

しかし若い少女っぽさとは違い衿の形とか一部分だけ可愛くするのがコツ。

このかわいらしさはオーダーでないとないかもしれません。

おばあちゃんの服はどこで買う?というよりも何が似合う?を意識して選べば今までと同じところで探せますよ。

このページではおばあちゃんに服をプレゼントしたいあなたに向けて書きますね?




80代からのおばあちゃんの服が70代と違うのは?

80代も70代と変わらない服も似合うのですが、体が少し小さくなったり肩、背、腰が少し曲がると変化もあります。

  • からだ全体が小さくなる
  • 背や腰が少し曲がりがち
  • 皮膚が弱くなりがち
  • より肌触りよいものを好む
  • サイズ感が繊細になる
  • サイズ感の余裕が適度であること
  • 体力が弱くなるので軽い服を好む
  • 色柄は優しい薄い色がいい

理想は手作りやオーダー服がいいのですが買う場合もコツを知れば喜ばれる服が選べますよ。

60代、70代のブランドから80代も形やサイズ感のちょうどいいものをじっくり探せばあることも。

おばあちゃんの服はユニクロ、しまむら、などでも一部はありますね。

おばあちゃんは体力が落ちるので動作もゆっくりになることを意識して選ぶことがキーポイントになります。

ここを考えるとスカートでも、ワンピースでもロング丈は危なっかしいですよね?

トップのチュニック丈も機敏さに欠けます。

スカートよりも適度なワイドパンツの方が楽ですし、ジーンズもきついです。

分量の多いギャザースカートも動きにくいですよね?

体にやさしく動かしやすさも考えたら、体に合う適度なゆるみであって大きすぎないこと、肌触りがいいこと、軽いことなどが大切ですよね?

80代は確実におばあちゃんですが、おばあちゃん柄やおばあちゃん色は必要ありません。

上皇后さまとエリザベス女王さまは個性が違うので似合う色は違いますが、濁った色柄はお召しになられたことないですよね?

おばあちゃんの見た目を着るものの力で優しく包みきれいにみせてくれる服がよいのです。

 

おばあちゃんの服があるブランドは?

おばあちゃんの服は、 ユニクロでもしまむらでも商店街でもデパートでもあるのですが、じっくり探さないと見つけられないのです。

高齢だから適当でいいのではなくもっとていねいに選ぶ必要があるのです。

 

おばあちゃんの服はブランドではなく素材、色柄、サイズ感!

素材、サイズ感、色などすべてが着る人に合っていないとダメなのです。

つまり選ぶ側に見る目が必要です。

なので70代で服を買うときから80代も見据えて、肌触りのよさ、軽さ、サイズ感も妥協せず選んでおけば80代になって買い足さなくも着られる服は多いのです。

70代よりも80代は老けた地味な服が似合うのではありません。

より優しい色柄や素材が着て楽なだけです。体力が落ちますからね。

感覚は同じでいいのです、着る人が特に痩せたり姿勢が悪くなっていなければ。

気になるのは軽さです。軽い服でなければ着たくないのです。

冬はカシミヤ、シルクなどはとても重宝しますよ。

着なくなった着物地のリフォームは柄がよければ着て楽で上質感もあっておすすめです。

おばあちゃんになったら上質で優しい色柄がいちばんですよ。

そして動きやすい機能的なデザインや大きさが大事!

 

おばあちゃんは寒がりな理由は?

あばあちゃんは最終近くになると極端に寒がりになります。

代謝機能の低下や動かないことで筋肉が落ちるから寒いのです。

だから寒がりにならないようにほんとうはストレッチや歩いた方がいいのですけどね。

現在90歳のフィットネスインストラクターで「筋肉ばあば」と話題の瀧島未香さんが、身長145cmで体重42kg。

見るからに筋肉がしっかりついて全くたるんでいないのです。顔も体も全身。

瀧島未香さんはずっと専業主婦で65歳からインストラクターについて鍛えたのだそう。

何歳からでも間に合う、90歳でも筋肉はつく、というのは励みになりますね?

ここは田舎でインストラクターは無理ですが都会暮らしのあなたにはおすすめです。

専属のインストラクターについて鍛えるって唯一のぜいたくにしてもいいですね?

 

★例えばこのシャツは色柄的にはOKですが小柄には少し大きい

サイズはM~Lを152cmのモデルさんが着ているのでちょっとゆるすぎですね?

標準サイズの方が着るとちょうどいいでしょう

素材も綿楊柳なのでいいですね。

このモデルさんも少し猫背です。

姿勢のよかった母も90歳過ぎて少しだけ猫背になりました。

近所の姿勢のいい85歳の人もその後少し猫背になりましたから90歳ちかくなるといくらかは肩は猫背になるようです。

背中や腰が曲がるのは体質もあるように思います。

その他のデザインは
↓↓↓
ココわく(シニアファッション)

 

★このカットソーは衿ぐりもいいし色もOK、素材も綿です。

サイズは、S、M、L、LL、の4展開です。

 

TCマートシニアファッションは、おしゃれというより実用的な面からおばあちゃんに必要なものがそろっているので下着やパジャマなど探せます。

ブラウスやアウターもじっくり探すとあります。

TCマート シニアファッション

 

かわいいおばあちゃん服

若い人から見れば60代からおばあさんですが、同世代や本人からみれば60代も70代もおばあさんじゃないですよね?

80代から自他ともにおばあさんだと納得できると思いませんか?

だってまだ向上心もあるし、見た目も白髪じゃないし、しわくちゃでもないですから。

動作がゆっくりになり白髪で顔もシワが多くなれば見た目もおばあちゃんですが。

ですが完全におばあちゃんになってこそ似合う服もあるのですよ。

衿が丸くフラットなワンピースとか。70代後半でも似合う場合もありますね。

樹木希林さんも70代で丸い衿の着物地リフォームのワンピースがお似合いでした。

若い時の希林さんではあり得ないような優しい色柄でしたが似合っていました。

精神的にも能力的にもある意味赤ちゃん返りする部分があるので可愛い服も似合うんだな、と思います。

 

おばあちゃんに似合う服のアイテムを考えてみると、

ボトムはスカートよりもパンツが機能的ですね?

 

普段着にもんぺは動きやすく可愛いです

ジーンズは見た目もハード過ぎておばあちゃんには似合いませんが、もんぺは機能的だしダサ可愛いと思いませんか?

薄手の生地なら夏にいいし、やや厚手なら冬にいいですね。

中川政七商店のしましまもんぺ
もんぺのおしゃれは?機能的でダサ可愛い魅力!

  もんぺをおしゃれに着こなすポイントはトップとのコーディネートで決まります! モンペに合うトップスは何といってもTシャツですね。プラス色の合わせ方です。 派手なキャラクターのプリントや柄入 ...

続きを見る

もんぺはTシャツと合わせやすいですがおばあちゃんはブラウスやシャツ、セーターもおすすめです。

90歳過ぎた母が、『ジーンズとTシャツはとてもいい服だと思う、どこにでも着ていける、でもわたしは似合わないから着ない。』と。

片田舎でも大都会でも見るめ的な感性ってあまりかわらないんだ!と思いましたね。

 

外出には分量が控えめなワイドパンツもおすすめ!

今はワイドパンツが人気ですよね?

ポリエステルのウエスとがゴムのズボンとは違いおしゃれです。

おしゃれで機能的ですからおばあちゃんにもぴったりです。

おばあちゃんのズボンはポリエステルが多いですが、夏は木綿や麻混、冬なら適度な綿麻やウールがいいですね。

80代は当然ですが、90歳過ぎてもきれいでいたいとおばあちゃんは思っていますよ。

母も90歳過ぎても病院に行くときは朝シャンしていました。

そして、『病院に行く服は立派過ぎてもいけない、普段着過ぎてもいけない』と独特の持論を持っていました。

服が専門職だったわたしでも『なるほど…』と、妙に納得しましたね。

 

-おばあちゃんの服、80代~
-

Copyright© ~キラリネン~ ナチュラルファッションで大人のおしゃれ! , 2021 All Rights Reserved.